カテゴリ:本日の制作( 335 )

四月バカのタルト

d0003995_14154430.jpeg
ショコラの詳細を自分の心覚えのためにもとっくにアップしていないといけないのに、だらだらとしているうちに桜が咲いてしまった。

春にふさわしいのはやっぱりいちごとカスタード。
エイプリルフールのお菓子 Poisson d'avril  ポワソン ダブリル。
久しぶりに作ったらお魚の形が上手く切り出せなかった。随分とへっチャリ。
ちゃんと下にクレームダマンドも敷いて焼いたら、ちゃんとおいしい。
ちゃんと美味しいお菓子を作らねばと、しみじみ味わう。

今年はイチゴのおいしい時期が短かったので、貴重だったかも。
普通にイチゴのタルトも作った。
色どりにピスターシュを残しておけばよかったなあ。
d0003995_14153614.jpeg








[PR]
by friand | 2018-03-26 14:23 | 本日の制作

最低限の機能のオーブンで焼いたロールケーキ

d0003995_17343471.jpeg
去年のこと。
一人暮らしのムスメのところに行った時、教えながら作ったロールケーキ。
ふわふわ生地と母持参のヤマグリのペースト入りのクリーム。
東芝の一番安いオーブンレンジ、なかなかやるやん。
28×28センチの角天板、卵二個での配合ぴったり。
温度もしっかり上がったし、値段の割にホント‼️優れもの。






[PR]
by friand | 2018-01-24 17:39 | 本日の制作

久しぶりにマカロン


d0003995_12262755.jpeg

最近の私のマカロンの一番のお気に入りはショコラとシトロン(レモン)だ。
この二種類では時々作るのだけれど、今回は久しぶりにピンクでフランボワーズ(ラズベリー)も。
三種類揃うととても華やか。
買うとお高いマカロン。それに滅多に美味しいのに出会えないマカロン。意地になって作り続けて何年になるだろうか。
かなり安定して美味しいものを美味しくお口まで届けることができるようになったと思っていたのだけれど、今回はちょっと??? なところが。多分作り方に問題はなかったと思うのだけれど、色素が今までと違ったメーカーになったのが祟ったのかも、と推測している。本当にストライクゾーンの狭い菓子だ。
微妙に色をくすませたピンクはとても良かったんだけどなあ。

d0003995_12264597.jpeg
たまたま作り置きのあったフロランタンと。
d0003995_12263796.jpeg

袋に入れてみるとかんな感じに。
ピカピカして写りはあんまりよくはないけど、実物手に取ると、胸が高鳴る162.png












[PR]
by friand | 2018-01-18 12:39 | 本日の制作

2017のNoël



d0003995_13415436.jpg
昨年のことになるけれど2017のクリスマスはヤマグリのタルト風のアントルメ。
一昨年の新作。生地はフィユタージュを厚めに焼いてしっかり重石をしてざっくり感を出した。オリジナルは生地にアーモンドのローストの香ばしさとザクザク感のあるもう少し変化に富んだもの。

d0003995_1342593.jpg少しおとなし目の印象になったけれどパイ生地とカスタードの相性は最高。その上にヤマグリのどっしりしたペーストとフワフワ感のあるヤマグリ入りのクレーム。少しだけラム風。
なかなかに良きバランスでありました。飾りはこんなお手軽でいいんかい???


メインディッシュはトリのもも肉のロースト。サラダとサフランライス、フロマージュ。
関西では年中骨付トリのモモが手に入ったのだけれど、ここつくばはクリスマスの時しか見かけない。
これも手頃で豪華なご馳走。とてもジューシーで美味しゅうございました102.png

d0003995_1342986.jpg
















[PR]
by friand | 2018-01-05 13:35 | 本日の制作

「パン屋さんカリカリ」をお菓子屋さんが作ってみた

d0003995_11450366.jpeg
近所の評判の良いパン屋さんで 「クロカント Croquante 」が袋詰めで売られていた。私の知らないカテゴリのお菓子だったので買ってみたら、美味しい。然もパン屋さんが売れ残ったおパンを使って(たぶん)合間に作れるお菓子なのだからデリケートであるはずがない。きっと作れる。
と思って作ってみたら、めっちゃ美味しい。「パン屋さんのクロカントをお菓子屋さんが作った」という名前がふさわしいかも。
申し訳ないが、食感、風味ともパン屋さんより美味しいのができた。

このblogで私の生存確認をしている友人が何名かいる。
「あの茶色いのでずっと止まったままやんか、生きてたんやねえ」
というわけでまた茶色いのでとまったままになるかもしれないけれどこの秋の気まぐれに作った逸品を一品紹介。
まるで即身成仏の鈴の音のようなblogになりつつあるが、一年以上更新がなかったら本当に成仏しているのかも127.png







[PR]
by friand | 2017-12-17 11:50 | 本日の制作

ハンガリアン・コーヒー・ケーキ

d0003995_15495697.jpeg

私が中学生だった頃からのレパートリー、ハンガリアンコーヒーケーキ。
コーヒーが入っているわけではなくコーヒーによく合うお菓子、という意味らしい。
小さく丸めたリッチな生地にバターをくぐらせ、くるみ入りのシナモンシュガーをまぶす。それを真ん中の空いたエンゼル型にポイポイっと積み重ねてゆく。

d0003995_15501464.jpeg

型に接した面は砂糖がキャラメル化してピカピカ。
初めてお菓子の本でこれを見つけたときはむねがキュンキュンした。
5角形のエンゼル型にピカピカした焼き上がり。
イーストの扱い方も知らなくて(当時はドライイーストは予備発酵が必要だった)、バターと砂糖の多い生地が難しいことも知らず、ただただ書いてある通りに作ってみた。
ふんわりしたブリオシュのような生地とは程遠く、なんだか固く揚がったドーナツ生地のような仕上がりだったけれど、とにかくキャラメルの部分が美味しくて、キャラメルと塩味と甘さ、シナモン、バター、イーストの香りが渾然としてうっとりとなるのだ。
全然ちゃんとできていたと本人も思っていなかったけれど、その組み立てと配合の持つポテンシャルに忘れられないお菓子となった。
時々思い出しては配合や作り方に改良を加え、徐々に作り上げた数少ないお菓子だ。


d0003995_15500660.jpeg
ポロポロと一個ずつ外しながら摘んで食べるとなんとも楽しい。
初夏にこの風味と塩味がたまらない。









[PR]
by friand | 2017-07-02 08:00 | 本日の制作

石垣島のパイナップルでソルベsorbet

d0003995_15494912.jpeg
石垣島のお土産のパイナップル。
パイナップルは追熟しないらしくって、現地で食べ頃になったパイナップルは新鮮で美味しい。
とはいえ、酸味の強いもの、味の濃いものに弱い私はフレッシュで食べるよりシャーベットにしたほうが。
ソルベは水飴や安定剤などの力を借りないと滑らかに固めるのは難しい。
ちょっと水飴を入れすぎて柔らかくなりすぎたかなあ。






[PR]
by friand | 2017-06-30 15:54 | 本日の制作

セック色々

d0003995_17184502.jpeg

なんやかやお世話になった人とかちょっとしたお礼とかでに送るために何種類か乾いたお菓子を作った。
ガレットブルトンヌは素朴な味と見かけだけれど結構面倒。
今回は小さめに直径5センチのセルクルを使った。
久しぶりに作ったけれど、いい焼きじゃあないこと?

d0003995_17185207.jpeg
スノウボール。
くるみの柔らかさとサクサクした生地の柔らかさが一体化するけれど味はしっかり。
熱すぎるときに粉糖をかけるとベタベタに溶けてしまうので程よく冷めてから。
できればコーンスターチの入っていない100%お砂糖の粉糖を。

d0003995_17190068.jpeg
苦みばしったショコラのサブレ。
カントリーマム風なのにすごく大人の味なのだ。

d0003995_17183667.jpeg

贈り物にフロランタンは外せない。
この焼きを見よ。
昨日今日お菓子を作り始めた者にはひよっこには作れまい114.png

















[PR]
by friand | 2017-06-27 08:18 | 本日の制作

グラス

d0003995_16585978.jpeg
やっと梅雨らしく雨も降り、ジメジメとしてきました。こんな気候を喜んでいるわけではありませんが、ちゃんと梅雨が来ないと色々困ることが起きます。水とか、水とか水とか。。
季節はちゃんとそれらしくつ進まないといけません。

でスッキリとアイスクリーム。フランス語ではグラスと言います。
基本の好きな私はバニラのグラスがちゃんとできないと落ち着きません。
今年は少しこの基本の配合を変えました。良くなったとは思うのですが、まだもっといいのが作れそうに思います。
グラスのマシンを持っている人は少なく、レッスンで作ることは稀なので、なかなかグラス、ソルベはルセットの完成に至りません。


d0003995_16590695.jpeg
こちらは紅茶のグラス。実物はもう少し濃い色だったかしら。
上の写真と余り変わりませんが。
いい感じでEarl Gray の香りを写すことができたのですが、少し個性が強すぎたか。
でもいいEarl Grayに出会えたと思います。
とても美味しいけれどたくさんは食べられないかも。
まあそれでもいいのだとは思うけれど。難しいところですね。







[PR]
by friand | 2017-06-25 17:06 | 本日の制作

タルト オ シトロン

d0003995_20240520.jpeg

初夏のお菓子の雄は何と言ってもタルト オ シトロン(レモンパイ)だろう。
もともと酸味の強い食べ物は苦手なのだが、バランス良く作られたこのタルトは本当に美味しい。
フランスで何度か食べたが、フランス人は結構強い味のものが好きで、クレームシトロンの味が強くて、どれも私は好きになれなかった。それにその酸味と上に乗っかったメレンゲのコントラストも強すぎるように思う。
で、自分好みに作ってみるとほろほろサクサクのサブレ生地、適度な酸味のクレームシトロン、適度な軽さと甘みのクレームシャンティーに落ち着いた。サブレ生地とクレームシトロン、シャンティーが一体化した美味しさにするのはなかなか難しいのだけれど、少々面倒なのだがほぼ焼きあがったサブレ生地にクレームシトロンを流して少し焼く。そして冷めたものにクレームシャンティー。
この一手間、作る人には面倒で結構ハードルが高いと思う。でも出来上がりのハーモニーには変えられない。
ムラングイタリエンヌを乗っけるのも決して悪くは無いのだけれど、蜜が染み出してクレームの上で滑ったりするのがなんとも嫌で・・・

d0003995_20241941.jpeg
タルトレットも悪く無いが、これまた小さく作ると手間がすごくかかる。でもプレゼントするならこれがいいかもね。
私のほろほろサブレ生地だとカットも割と綺麗に行くので無理してタルトレットにしなくてもいいかも。
いずれにしろ出来上がったら極力早く食べてね。








[PR]
by friand | 2017-06-12 18:25 | 本日の制作