<< 2017のNoël 子羊 Agneau アニョー >>

2018 あけましておめでとうございます

d0003995_10525419.jpeg
昨年の12月は、普段していること、していないことなど混ざってやってきた上に、私の演算速度が落ちて来ているせいで慌ただしく過ぎていった。

元日は朝しか家族が揃わない、ということもあってお節のお重はなし。
最低限のものだけを作ってお正月を迎える。
磁器の季節の酒器に黒豆を盛ったことだけがちょっと目新しかったかしら。

伊達巻きは初めて作ってみた。細巻きで可愛かったけれど美味しくなかった。焼く前に味を修正してみたのだけれど及ばなかった。
ヤマグリの栗羊羹。中心の栗は甘露煮を甘味抜きして煮直したものだけど羊羹部分との違和感があり、見た目のためだけになってしまった。栗ひろいから始めて作ったもの。オール栗の羊羹レシピは見つからず適当に。少し薄味すぎたかも知れないが、ヤマグリの風味は出ていた。

憧れの海老芋とたらの炊いたものを作ってみた。大昔友人の母上が作ってくれたのを食べ、忘れられないでいた。彼女につくり方を受け継いでいるだろうから教えてくれ、と問えば、そんなん知らんわい、と言われる。関東では一般には干し鱈を売っていないのででその友人が材料を送ってくれた。
今時ネットでなんとでもなるやろ、という友人の言葉でやってみた。海老芋は味が浸みて記憶通り美味しかったけれど鱈の方で失敗したらしい。だいたい鱈の方はがどんな状態だったかすら記憶にない。来年も作ればもう少しバランスの良いものができるような気がする。その前に京都のいもぼうで確認した方が良いのだろうか。これも学生時代に一度だけ、別の友人の母上にご馳走になったきり。当時の私には???という印象しかない。

d0003995_11111721.jpeg












d0003995_11120738.jpeg

d0003995_11113339.jpeg
[PR]
by friand | 2018-01-03 11:33 | 料理
<< 2017のNoël 子羊 Agneau アニョー >>