タグ:焼き菓子 ( 58 ) タグの人気記事

レモンの焼き菓子

d0003995_16345520.jpeg
レモンの形をしたスポンジのような、焼き菓子のようなお菓子がよくあるけれど、何かしらつかみどころがなくって、爽やかなレモン風味のお菓子をいつか作りたいと思っていた。
レモンの味と風味付けにレモンの皮と果汁を煮詰めた自家製コンサントレを使用し、あっさり目のマドレーヌに近いような生地。アクセントにフランボワーズやブルーベリーを入れてみた。
あくまで生地の味を楽しむものなのでガルニチュールは控えめに。
さらにレモンの酸味を楽しみたい向きにはグラスアローもレモン果汁を使って。

d0003995_16350467.jpeg
最近ではいろんなタイプのケースが手に入るので小さな焼き菓子が楽しい。
これは今年の春頃に創作。











[PR]
by friand | 2016-11-26 16:41 | 本日の制作

こちらはバナナ

d0003995_147238.jpg


キャラメルを変えてみたり、生地を変えてみたりで色々やりました。
ピーカンナッツがあったので使ってみたらなかなか品良い香ばし出でありました。
使うフルーツの水分や甘さ、酸味など調整して安定して焼き上げるのはちょっと面倒だけれど、この輝きが出たときはほんと、嬉しい。

d0003995_1471416.jpg

[PR]
by friand | 2016-11-18 14:10 | 本日の制作

タタン風のアップサイドダウンケーキ

d0003995_1052297.jpg


夏場の更新停止は例年のことだけれど、此の期に及んで未だ投稿がないのは生きているのか死んでいるのか、との問い合わせが数件008.gif
地味に作り続けてはおりますが、確かに一時の勢いございません。
この秋、地味で平凡な焼き菓子が面白く思えております。

d0003995_105268.jpg


意外と、というか大変というか、難しいアップサイドダウンケーキ。
底の部分を綺麗に水分を飛ばしつつ焼き上げるのはかなり思い入れが必要です。
りんごをタタン風に焼き上げたこの色、このツヤ、なかなか良きかなと。
やっとこの焼き菓子を制することができ、安定的に焼くことができるようになったと自信を持って言えるようになりました053.gif
今頃かよ、って?
[PR]
by friand | 2016-11-13 11:01 | 本日の制作

オレンジのアップサイドダウンケーキ

d0003995_20472477.jpg


以前どこかの本でオレンジをキャラメルソースとともに焼いたアップサイドダウンケーキを見かけた。
とても美味しそうでそこに載っていたルセットの通りに焼いてみたのだけれど、オレンジそのままの美味しさでもオレンジ以上の美味しさでもなかった。
何か決定的に味が足りない。
瑞々しくてコクのあるオレンジとキャラメルの風味の焼き菓子を作りたいなあ、と思いつつ、ずいぶん年月が経っていた。
こういう時、何年も経って忘れた頃にふっとルセットが降りてくることがある。

d0003995_20464611.jpg


見かけは何の変哲もありませんが、なんのなんの、このケイク、オレンジのジューシーさとさっぱり加減、そしてキャラメルのコクが上出来の一品となったのでした。
[PR]
by friand | 2015-06-29 20:55

バナナのパウンドケーキ

d0003995_2241550.jpg


バナナのパウンドは数あれど、バナナの味がしっかりして軽く、だが食べ応えのあるこのケイクはなかなかの秀逸だと自負している。
食べてみないとわからないけどね006.gif

そろそろショコラの準備だ。
材料のジャンドゥヤやプラリネ、クベルチュールの味見をする。
ジャンドゥヤ、このまま加工しなくても美味しいなあ。
[PR]
by friand | 2015-01-30 22:03 | 本日の制作

アップルパイ

d0003995_14153583.jpg


初心者向けにアップルパイ。
アップルパイのおいしさの半分は皮だと思うのだけれど、なかなかに良い焼き具合に作るのがは難しいものだ。この写真のパイも十分美味しそうに焼き上がって入るが切り口は、と言うとちょっと物足りない焦げ具合。

d0003995_14154179.jpg


決して出来が悪いというわけではないのだけれど、アルミのパイ皿が熱伝導の邪魔をして、理想の焼き上がりというわけには行っていない。
私の理想の焼き上がりは、と言うとこんな感じ ↓

d0003995_14154637.jpg


皮の底がきれいなきつね色に色づいて、皮全体がさっくりとして、それはそれは夢見心地の香ばしい香り。
このパイはパイ皿を使わず、天板に直接丸い生地を置き、リンゴを盛り、閉じる。
が、なかなかにこの作業がはじめての人達には難しい。パイ皿を使った方がずっとやりやすいのだ。
というわけで、講習に向けては使い捨てのパイ皿を使うことに。

温度を上げたり時間を延ばしたりするだけではこの問題は意外と解決しないのだ。
[PR]
by friand | 2014-12-19 14:24 | 本日の制作

バナナのアップサイドダウンケイク

d0003995_13565798.jpg


アップサイドダウンケイクと言えばリンゴやパイナップルがポピュラーだが、このバナナはなかなかの逸品だ。
キャラメル化した砂糖とバターの香り、ねっとりと火の通ったバナナ。
この表面に見えているだけで、バナナが何と3本。ケイクの生地の中にはこの大きさ(φ18㎝)で三本は焼き込みにくい。
ダイレクトにバナナが主張し、軽めのバターケイクの生地と調和する。
ほんのりと温かいところを食べるのが最高!
[PR]
by friand | 2014-12-16 13:56 | 本日の制作

シュトレン

d0003995_10475614.jpg


ボンボン・オ・ショコラは何があっても毎年作っているのだけれど、昨年は作らなかったシュトレン。
是非食べたい、という依頼があったので作ってみました。
この数年お菓子の原材料の値上がりは著しく、円高の時ですらどんどん値上がりしていた。それに加えてバター不足、値上がり。
その上中国の人々が美味しいものにいろいろ目覚めていて、チョコレートなんかの値上がりの原因のひとつとなっている。008.gif
中国の人の1割がお金持ちになったら、日本人の総人口と同じだよ、とい友人の言葉に愕然。

まあそんな苦しい中、それでもこういう年中行事を行えるというのは嬉しいものだ。
[PR]
by friand | 2014-12-08 14:43 | 本日の制作

抹茶のケイク

d0003995_11381081.jpg


私は暑い季節が苦手だ。
ほとんど思考が停止してしまうと言っても過言ではない。
だから5月中旬から9月くらいまではほぼお菓子作ることも、Blogをアップすることもままならない、

と自分に言い訳をして。

これは春に作った抹茶のケイク。
中にきれいに抹茶が入るといい感じ。
でも日にちが経つと抹茶の香りが少しとんでしまうのが残念。
[PR]
by friand | 2014-06-16 11:43 | 本日の制作

焼き菓子のBOX

d0003995_2255241.jpg

プレゼントのBOX。
何種類かのお菓子を詰め合わせるのはなかなか大変なことだ。
年末年始、色々作り置きが会った時のもの。

d0003995_2254468.jpg

サブレ・ヴィエノワ
卵白を使ったバターたっぷりの絞り出しのクッキー。
配合を見たらびっくりする程のバターが入っている。
自家製のバニラシュガーを入れると素晴らしい風味。
しっかりと真ん中まできつね色に焼いて。

d0003995_2253894.jpg

サクリスタン
じっくりと芯までバターを焦がすように焼くと何とも香ばしい。

他にフロランタンとマカロン。
[PR]
by friand | 2014-01-28 22:05 | 本日の制作