タグ:セック ( 16 ) タグの人気記事

焼き菓子

d0003995_15243482.jpg


ピアノの発表会の先生から生徒へのご褒美のお菓子。
ケースの数が揃わなかったので色々な箱を使って。
姉妹や親子で出演する人たちも多かったのでバラバラで良かったかも。
近頃はこういうものが安く手に入るのでとても助かる。


d0003995_15273194.jpg
音符の形とピアノや八分音符の模様をつけたクッキー、先生の名前の刻印入り。
ピスターシュのフィナンシエ、クロカン・オ・ザマンド、フロランタン。
暑さと湿気の時期なので奪酸素材や乾燥剤を一個ずつ入れる。

ト音記号の抜き型は こちらで紹介したものだが、このままでは使いにくく、中の模様をトンカントンカンはずして改造して使用。
[PR]
by friand | 2008-07-21 15:32 | 本日の制作

アーモンドのカリカリ

d0003995_2103420.jpg


アーモンドがどこまでも香ばしいCroquand aux amandes クロカン オ ザマンド。
アーモンドのカリカリ。

もう少し水分を減らして作った方がこのお菓子らしいごつごつした雰囲気が出るようだが私はこのくらいでいっか。以前もっとぺったんこに作ろうとして疲労困憊したことがあるので。

どこか懐かしい駄菓子の美味しさ。
でも出来たてはこんなに美味しいのかと感動する。
子供の頃クッキーの詰め合わせに入っていたような気がするが、出来上がってから随分時間が経っていたのね…

バター不足がなかったら再挑戦しなかっただろうお菓子。
[PR]
by friand | 2008-06-08 21:10 | 本日の制作

ミッフィーちゃんのクッキー

d0003995_20575034.jpg子供が小さかった頃こういうのを作ったら喜ぶだろうか、と型を買ったのだけれどとても抜きにくくてほとんど使うことがなかった。
タルトに使ったサブレ生地が余っていたので久しぶりに使ってみる。落ち着いて使うとそれほど使いにくくもない。ちょっとコツがいるけれど。当時はやっぱり余裕がなかったのだろうか。
これは抜き型と言うより押し型で、普通の型抜きクッキーより厚めに出来上がる。焼き温度を通常より低めにしてその分時間を長めに焼いてみる。
何だかとっても美味しい。厚さと口触りが今までと同じ生地とは思えないくらいに新鮮。クッキーはしばらくこのタイプにはまってしまいそう。

ところでうちの子供はこういう小細工をちっとも喜ばない子供だった。どうせ食べるのだから形なんてどうでも良い、と言うかわいげのなさ。
幼稚園の時、うさぎに切ったりんごをお弁当に入れたら、帰ってきてひとこと。
「りんごの皮は全部むいておいてよね」
[PR]
by friand | 2006-11-05 21:06 | 本日の制作

フロランタン

d0003995_16534059.jpg
なかなか良い写真が撮れなかったのだけれど今回はちょっと良いかも。
一枚食べるとかなりボリュームがあるので小さめにカットするのだけれど、それだと2枚食べてしまう。
焼いた当日はまだキャラメルが軟らかめで、シリカゲルを入れて保存して、翌日以降が美味しい。
保存状態が良かったら意外に日持ちする。
[PR]
by friand | 2006-09-26 16:57 | 本日の制作

サブレ・フロランタン

d0003995_20392388.jpg

サブレ・フロランタンは焼き菓子の詰め合わせにはよく入っているし、フランス菓子をはじめとするお菓子作りの本にもごく普通に載っている。
なのになかなか美味しいのに巡り会えないし、良いルセットにも出会えない。
妙なフレーバーがついていたり、にちょっと歯にくっついたり。

要するにこのお菓子は難しいのだ。
サブレ生地の半焼き具合、フロランタンのキャラメルの煮詰め具合、フロランタンを半焼きのサブレ生地の上に乗せた時の焼き具合。
いくつかのコツはあるけれど、最終的には経験しかないのかもしれない。
かくいう私も久しぶりに作ると、どこかしら納得できないものとなるのが常だ。
[PR]
by friand | 2006-04-29 21:02 | 本日の制作

本日のレッスン-アマンディーヌと型抜きクッキー

d0003995_16411268.jpgd0003995_16413842.jpgd0003995_16421270.jpg
アマンディーヌの大小とパート・シュクレの残りで型抜きクッキー。
何年か前、レッスンで初めて動物クッキーを作ったら、馴染みの生徒さんから
「先生、丸くなりましたね」
と言われた。
そう、シッポや鼻先が焦げたらどうするんだ、ただでさえオーブンには焼きムラがあるのだし、厚さだって一定になかなかのばせないでしょ、形くらいシンプルなのに揃えたら、と言っていたものだった。
タルトは底までしっかりきつね色に焼けていて、焦げる寸前まで焼き切ることが鉄則。
(この写真はちょっと濃く写りすぎている。本当はもうちょっとちょうどいい色合いだった。)
もちろんクッキーも。
ちょっと焼き色の薄いのが混じっちゃってるな。
[PR]
by friand | 2005-03-25 16:48 | 本日の制作