<   2017年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

タルト オ シトロン

d0003995_20240520.jpeg

初夏のお菓子の雄は何と言ってもタルト オ シトロン(レモンパイ)だろう。
もともと酸味の強い食べ物は苦手なのだが、バランス良く作られたこのタルトは本当に美味しい。
フランスで何度か食べたが、フランス人は結構強い味のものが好きで、クレームシトロンの味が強くて、どれも私は好きになれなかった。それにその酸味と上に乗っかったメレンゲのコントラストも強すぎるように思う。
で、自分好みに作ってみるとほろほろサクサクのサブレ生地、適度な酸味のクレームシトロン、適度な軽さと甘みのクレームシャンティーに落ち着いた。サブレ生地とクレームシトロン、シャンティーが一体化した美味しさにするのはなかなか難しいのだけれど、少々面倒なのだがほぼ焼きあがったサブレ生地にクレームシトロンを流して少し焼く。そして冷めたものにクレームシャンティー。
この一手間、作る人には面倒で結構ハードルが高いと思う。でも出来上がりのハーモニーには変えられない。
ムラングイタリエンヌを乗っけるのも決して悪くは無いのだけれど、蜜が染み出してクレームの上で滑ったりするのがなんとも嫌で・・・

d0003995_20241941.jpeg
タルトレットも悪く無いが、これまた小さく作ると手間がすごくかかる。でもプレゼントするならこれがいいかもね。
私のほろほろサブレ生地だとカットも割と綺麗に行くので無理してタルトレットにしなくてもいいかも。
いずれにしろ出来上がったら極力早く食べてね。








[PR]
by friand | 2017-06-12 18:25 | 本日の制作

ケイク・サレ

d0003995_15483314.jpeg
都会に行くとおしゃれなカフェなどで結構高い値段で提供されているらしい。
確かにグリエールチーズ、ハムやベーコンなどをちゃんとした材料で揃えると随分なものになる。
ルセットが決まってしまえば手間はかからないけれど、たまにしか焼かない人にはちょっと厄介だ。
久しぶりに焼いたのだけれど、以前使っていたオリーブと違うものを使っtら、妙に塩辛くて、閉口してしまった。素材の味見を怠った報いでもあるけれど。
それに生の生地の味見では
出来上がりを完全に予測できないのも辛いところだ。







[PR]
by friand | 2017-06-09 15:46 | 本日の制作

セック

d0003995_13381808.jpeg

最近の私のセック(クッキー等)の定番。
フロランタンとショコラのサブレ。
フロランタンは何十年も配合は変わっていないけれど、焼きは一生、ですな。

ショコラのサブレは丸めたものをコップの底でペッタン、とスタンプ。
今までベルコラーでのチョコチップにこだわっていたのでこれがないときは作っていなかった。考えてみると粒の大きさにこだわらなければ余ったショコラやボンボンのトランペに使ったショコラを刻めばいいじゃん、とあまりの灯台元暗しに愕然。
セミスイートでもビターでもミルクでもホワイトでも、それぞれの美味しさが堪能できる。
チョコレートが“準“主役なので美味しいのを使わなくっちゃ。でも“準“チョコはダメだよん。
“純“チョコレートのお味をお楽しみあれ。



















[PR]
by friand | 2017-06-04 13:45 | 本日の制作