<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ミルティーユのケイク

d0003995_1915468.jpg


私の住む街はブルーベリーの産地でもある。
シーズン終わり、夏の終わりから秋口にかけて、最後の収穫で、たくさん頂くことがある。
ジャムもいいけれど、その一部は冷凍保存して、焼き菓子に焼き込む。

こういう季節の実りは余り深く考えず、たくさんあるから、作る、というのに徹してテキトーに作るのが一番美味しい、と最近達観できるようになって来た。
軽めのバターケーキの生地に、手元にあったキャラメルソース(サレ)を絡めて、焼いてみると、なかなかに良い風味の焼き菓子が出来た。
カトルカールではブルーベリーには重すぎる。
アフタヌーンティーにもいいのでは?
[PR]
by friand | 2013-10-31 19:14 | 本日の制作

ホワイトチョコレートのムースのアントルメ

d0003995_197037.jpg


私の定番のホワイトチョコレートを使ったムース。
ほのかなチョコレートの香りとバニラ。
中にはフリュイ・ルージュのジュレ、というかまあゼリー寄せのようなものが一層入っている。味も切り口のも切れ味の良い一品。
このアントルメは様々なデザインで作っテいる。ゴージャスにもシンプルにも。
[PR]
by friand | 2013-10-28 19:06 | 本日の制作

マカロン

d0003995_1135058.jpg



ずっとBlogをアップしていなかった間、お菓子を作っていなかったわけではないのですが、何だか写真を撮る気にならず、新作も取り立てて凄いのが出来たわけでもなく、というわけで。

その間、撮った数少ないもののひとつ。
ピエ見ると良くわかりますが、出来は決して良くありません。
でも色が揃ったので楽しくて、撮ったようです。
ガスコンベックで焼くと、味を重視するとどうしても薄い焼き色がついてしまうことと、ピエがきれいに立ちにくい、と言う欠点があるようです。
でもその時の生地の本当にちょっとした微妙な出来で、トテモきれいなピエが出来ることがあるので、徹底的にこだわれば成功率は高まるのかもしれません。
ショコラ、シトロン、フランボワーズ、テ・ヴェール、4色揃うときれいですね012.gif 
このときは、ショコラだけがきれいな焼き上がりでした。

d0003995_1135779.jpg


マカロンは本当に難しい…
でもマカロンの魅力がやっとわかって来た今日この頃。
[PR]
by friand | 2013-10-26 11:27 | 本日の制作

クロカンブーシュのその後

d0003995_112980.jpg


当日私は朗読での出演者でもあったので、直前のお菓子の制作は出来ませんでした。
このピエス・モンテは数日前に作り上げたものでした。ヌガチンの台の上に、からからに乾燥焼きしたシュー生地をキャラメルで組み立て、マジックフラワーの飾りをつけました。

紙粘土のフィギュアはカラメルの台の上にきれいに乗っかりました。
どうやってトップに飾るか、最後まで悩んでいたのですが、案ずるより産むが易し、手元に余ったカラメルがあると、シリコン紙に流して円形の台を作る、と言うアイディアは自然に浮かびました。
何しろ象なのでチョッとおっきい。

さて、公演も終わり、散会となったあと、これ食べたかったなあ、と言う声が。
でも私にとってこのピエスモンテはただのオブジェ。食べると言う発想がありませんでした。
考えてみると事情を知らない人にはどんな味かな、いつ食べるのかな、とさぞもどかしかったことでしょう。
その声が私に届いたときには既に片付けが終わり、ほとんどの人が帰ったあと。
味はどうでもいいから、皆さんの居るときに、こんな感じだよ、とカケラだけでもお味見していただけば良かったと、後悔したのでした。

結局、最後までのこって手伝って下さった小学生のいるご家族に引き取っていただきましたが、どう処分されたんでしょう…008.gif

でもこうやって改めて写真を見ると、ヌガチン、さぼらずにきちんと作って良かったです。
[PR]
by friand | 2013-10-25 11:16 | 本日の制作

ババールのバンケット

d0003995_18375686.jpg


Blogのアップの仕方を忘れてしまうくらい久しぶりの更新です。

ババールをテーマにした演奏会のお菓子。
結婚式のクロカンブーシュまで作ってしまいました。
でも展示用で、クリームなし。お菓子の他にも色々することがあったので、当日仕上げが出来ませんでした。

でもちょっと素敵なテーブルになったと自画自賛。

d0003995_19265088.jpg


ババールとセレストのフィギュアは、時間の関係で、マジパンではなく紙粘土。こういうのが得意な方に作っていただきました。

d0003995_18394287.jpg


ブルーベリーと、レモンのマカロン。
最高の食べごろのマカロンを提供することができました。作り方も出し方も難しいマカロン。
数々失敗を繰り返し、やっとわかりかけてきました。レシピだけでは絶対に理解できない、本当にデリケートなお菓子です。
ガスコンベックでよく頑張っていると思います。

d0003995_18394960.jpg


クロカンブーシュが食べられないので、シュークリーム。
フランス菓子としてのシュークリームは何だかアメリカ風のシュー・パフだと裸のような気がして(フランスではパリブレストやエクレール、ルリジューズで提供されることがほとんど)、あられ糖を振りかけました。

d0003995_183955100.jpg

ケイクサレ。
めっちゃ美味しかったのですが、私の作品ではなくアシスタント製。
私が教えたのより美味しく出来ていて、ちょっと悔しい(笑)

この他に小さなサバランもあったのですが、直前まで冷蔵庫に入っていたため写真を撮るタイミングをなくしてしまいました。

素敵な演奏会とおいしいお菓子、素敵な会場。
たくさんの人たちに助けられて、楽しい一日でした。
[PR]
by friand | 2013-10-23 18:51 | 本日の制作