<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

友有り、さらに遠方より筍来たる

前回のタケノコは大和の国からの贈り物であったが、さらに遠方、長州からもタケノコが届いた。
今回も美味でありました。

タケノコご飯,若竹、そして木の芽和え、他に鰹のたたき、ともずくとキュウリの酢の物。
写真を撮り忘れて食べ始め、大急ぎで撮ったのだけれど、出来が悪くてちょっと載せるのは… と言う感じになってしまった。
ゴメンネ。
[PR]
by friand | 2012-04-30 16:23 | 料理

テルマエ・ロマエ



これはオモロい。
映画はまだ見ていないのだが、主人公の独白が阿部寛の声で聞こえてきてしまう 。

宅浪中のムスメが歴史好きでローマ好き。(でも歴女ではない、そういうカテゴリに入れたら激怒033.gif) ヨーロッパ・中東を知るにはまずローマ、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教とのたまう。
昨日、読了していたのはイスラームと科学

ムスメの進路について知人にちょっと相談したら、
「でもね、Uemuraさん、いろんな事いって、親が一生懸命色々心配しても、ある日突然、沖縄で土産物屋になってるかもしれないからね。それも含めて、ムスメの人生だからね… 」
ちなみに彼は50歳にして転職、とあるムラの寺の住職となる。一流の大学の経済か 商の出身。言葉の端々から俗世にいた時代、かなり色々「ビジネスマン」としてあった模様。

沖縄の土産物屋になったお嬢さん、その子あんたの何なのさ 015.gif
[PR]
by friand | 2012-04-29 09:05 | 雑記

詰め合わせ

d0003995_13575467.jpg


お世話になった方へのお礼に、かごに入れて色々。

フィナンシェ、フロランタン、オランジェット。
オレンジピールのチョコレートがけは嵌ってしまうと本当に脳の奥深くに記憶が残り、フラッシュバックのように風味がダイレクトによみがえってくる。
私はオレンジは苦手なのだけれど、このコンフィは別格。苦みの強いチョコレートと合わせると絶品。

フィナンシェもフロランタンもいい材料で新鮮なものは意外と出会わないもの。
売る方も買う方もついつい日持ちすると思っちゃうしね。

こういう機会に出会ってほしいと思って。
今回、フロランタンを細長く小さめにカットしたらとても食べやすくてさらに美味しく感じてしまった。003.gif
[PR]
by friand | 2012-04-28 18:25 | 本日の制作

ミルクチョコレートのムース

d0003995_1821092.jpg


ミルクチョコレートの風味のフルーティーなムースを作りたいとずっと思っていた。
昨年のクリスマスには少し重めのビスキュイと組み合わせたのだけれど、春になって、もっと軽いものが欲しくなった。
ココアのジェノワーズ、グランマルニエ風味のミルクチョコレートのムース、グランマルニエ風味のジュレの中に埋まったいちご。
冷たさやさわやかさがダイレクトに伝わってきてとっても春真っ盛りのアントルメだ 037.gif
ムースにいちごをこれでもか、と言うくらい詰め込むともっと美味しかったはず。
[PR]
by friand | 2012-04-27 18:27 | 本日の制作

友有り、遠方より筍来たる

私はタケノコが大好きである。
ものすごくものすごく好きである。
今年は関東から東北にかけてタケノコが放射能の基準値越え続出である。
基準値が厳しくなったせいことも大きいが、それじゃ「基準」って何?

西日本に住むタケノコ山付きの友人にSOSを発信する。
早速の到来。
掘りたてにこだわる友人は宵越しのタケノコは喰わねえ、のである。
その友人が信条を曲げて、夕堀り朝着でタケノコを送ってくれた。
日常の食事の写真はこのBlogには載せない、という私も信条をまげて 037.gif
これはその竹馬の友へのオマージュである。

昨日の夕食

d0003995_1759276.jpg

タケノコの炊いたの。わかめが無かったので若竹とはならず。

d0003995_1812163.jpg

筍ご飯。原発事故以来、極力電化製品を使用を控えるようにしている。
土鍋釜で炊いた筍ご飯は本当に美味であった。

d0003995_1825671.jpg

炒り豆腐

d0003995_1842291.jpg

アジのお刺身

d0003995_1851287.jpg

タケノコのヒメカワのお吸い物。麩の色に品がない 008.gif
[PR]
by friand | 2012-04-16 18:07 | 料理

タルト・フレーズ

d0003995_154541100.jpg


Blogを再開しても変なトリだの寺だのと、ちっともお菓子の話題が増えません。
最近煩悩、というか、雑念というか、色々大変な事と楽しい事とが一緒にやってきて、気持ちがちっともお菓子に向きません。
困ったものです。

これはムスメの誕生日に作ったもの。
バターの多いリッチなパートブリゼに、クレームババロワーズ、イチゴにバニラ風味のジュレ。d0003995_15484783.jpg
迷ったあげくに周りににクレームシャンティーを絞りましたが、デザイン的には無かった方がずっと良かった。
いきなり田舎風ケーキになってしまいました。
ちょっと味のバランスには欠けたものの、なかなか素敵なお誕生日のケーキとなりました。

せっかく長い春、おかしのほうに気持ちをぐっと切り替えたいですが、それも今月下旬のイベントが終わってから。
イベントについては、終わったらレポートするかもしれません 016.gif
[PR]
by friand | 2012-04-08 15:53 | 本日の制作