<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

いちごのグルマンディーズ

d0003995_21284456.jpg

春はシュークリーム、これは定理だ。
春めいてくるとシュークリームが食べたくなる。なぜだかわからない。
今年は寒い日が続いて食べたくなる日が来るのが一ヶ月以上も遅くやってきた。気候のせいだけでなく少々バタバタした日々を送っていたのも原因かもしれないけれど。

寒さが長引いたおかげできれいないちごも長く店頭に並ぶことに。
そこでバリエーションの一つ、いちごのグルマンディーズ。
グルマンディーズ gourmandise とは美食家のことであるが同時に大食漢の意味も含む。
その名にふさわしい一つ食べただけで満足できるボリューム感のあるシューだ。
ちょっと飽きが来るくらいに散らない桜の満開の中、グルマンディーズをガッツリと食べてしまった。
[PR]
by friand | 2010-04-10 21:40 | 本日の制作

サブレ・オランデーズ

d0003995_14451012.jpg


お菓子を作り始めた人なら一度は作ってみたいと思うモザイクのクッキー、サブレ・オランデーズ Sablés hollanndaises。通常二種類の生地を組み合わせて模様を作るアイスボックスタイプのクッキーだ。
どうしてオランダ風なのかは不明。

生地を小口に切って天板に並べた時はきれいなのに焼くとだれたり変に膨張したりして思い通りに行かないことも起こったりする。これは配合によるものなのだろう。d0003995_14541188.jpg
意外と焼くと大きくなるので今回のサブレも思ったより一枚がでかくてちょっと繊細さを欠いた。この画像では余りわからないけれど。
このサブレ、丸で作るのか一番楽。四角いモザイクにしたとたん、角を出すのが大変で切れ味の悪いものになってしまうことが多い。
味的はめずらしくも無いが作っていて楽しいクッキーだ。

お皿に乗っている方のつぶつぶの入ったサブレはゴマ入り。
[PR]
by friand | 2010-04-08 14:56 | 本日の制作

ラヂオつくば

昨年の秋から月一第3金曜にゲストでちょこっとだけ出ていた地域FM局のラヂオつくば(82.4MHz)。
好評(!)につき、「Mme.ウエムラのケーキトーク」として独立し、拡大版となった。
とりあえずワンクールで水曜日午後の15分。
聴いていた人はほとんどいないと思うのだけれど、つくば周辺の方はどうぞよろしく。
第一回は今日4/6だけれど放送時間は午後3時からだとか6時からだとか。
ゲストの時はナマだったのだが今回は録音。

ドビュッシーの「ゴリウォークのケークウォーク」に乗って始まるこの番組。
タイトルの通り、主にお菓子関連の話。季節のお菓子の話に加えて何の話が出来るかなあ。
ゲストを呼ぶことも出来るそうなので、慣れたらつくば周辺で活動している食べ物やフランス関連の人にもお声をかけたいと思っている。
このblogにも関連した話題をお見せできなかった画像と共にのせていきたいと思っている。

桜満開の春。
新しい事が始まるのはワクワクとする。
[PR]
by friand | 2010-04-07 07:42 | 雑記

三景園

d0003995_18261971.jpg

奈良にある三景園と呼ばれていた生家を閉じた。
去年の夏以降たまに現れるセンチメンタルな雰囲気はこのことが原因。
時の流れとはいえ、自らを不甲斐なくも思う。
その最後に当たって縁のあった方々をお招きしてパーティーを開く。
40名余りの方に招待状を出し、そのほとんどの方とその家族・友人方にお出でいただき、終日の宴は約100名を数えた。
東京、山口、長野など遠いところからもようこそおいで下さいました。

大叔母のウエディング、祖母のポートレイト、16ミリの映写機と祖父がアメリカで撮影したとおぼしきフィルム。
専門家に見てもらうと何と数十年の時を超えて映写機は動き出した。
懐かしいと言う以前の私の知らない彼らの世界。
しかし彼らの生きた証は確かに私の中にあるのだろう。
たぶん私のお菓子は彼らの影響をまぬがれていない。
アメリカをめざした祖父母、赤ちゃんの時に帰国した父、私のフランス行きへの背中を押してくれた母。
全て繋がっている。

祖父は帰国後この家を建て、父はその後ずっとこの家で過ごし、一見平凡な人生を送った。
しかし彼は心の自由さ、奔放と言ってもいいほどの自由さと過激さをその蔵書に残した。それらは語らずとも彼の人生観を垣間見せる。
そして彼は子供たちを縛らず自由に生きさせてくれた。
彼ほど自由で天真爛漫な人を私は知らない。子供の頃には平凡でつまらない人生としか見えなかったのだけれど。
彼は乗法ではなく加法の人だったが命を終えるその瞬間まで成長し続けた人だと思う。

d0003995_18411175.jpgその終日の宴、私はボンボン・オ・ショコラ三種、ヴァランシア、キャラメルのケイクを用意する。
当日父の好きだったシュークリームを焼き上げるつもりだったけれど、オーバーワークで挫折。
d0003995_18435986.jpg奈良に居た当時この家で教えていた弟子たちの協力もあり、お菓子の量は十分。
よくぞ20年の時を超えて集まってくれた。感謝。

懐かしい方々との夢の様なひとときに家は喜び、人々も喜んだ。
そして…
[PR]
by friand | 2010-04-04 19:20 | 雑記