<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2008Noëlのお菓子 2

d0003995_16213133.jpg

プロフィトロール風ケーキの他にレッスンではモンブランのバリエーションでアントルメを作る。
ノワゼット風味のダコワーズの台に軽いマロンのクリーム、その上にパート・ド・マロンを使ったモンブラン風クリーム。
小物の配置でそれらしくかわいく出来上がった。


d0003995_1625318.jpgこれは私の生徒が作ったミニチュアのビュッシュ・ド・ノエル。
手なぐさみとはいえ、なかなか出来ることではない。
[PR]
by friand | 2008-12-31 16:20 | 本日の制作

2008Noëlのお菓子

d0003995_18311896.jpg
今年は何種類かノエルのお菓子を作ったのだけれど、一番手がかかったのがこれ。

或る本でプロフィトロールをアントルメにしたものを見つけ、どうしても作ってみたくなった。
台はクレームダマンドと洋なしのタルト。
プロフィトロールのプチシューはチョコレート、バニラ風味にいちご、メープルの種類。
飾りにミルティーユ(ブルーベリー)、フランボワーズ、グロゼイユ(クランベリー)、セルフィーユ。

でも、このおかし、どうやって食べる?!
廊下とか余り暖かくない場所で、通りすがりにちょいちょいとつまみ食いをするととても美味しい。
それよりも何よりも作っていてとてもたのしかった。
10年前の私なら何を食べさせたいのかわからない、食べてのことを考えていないこんなお菓子は評価しない! と一刀両断したことだろうが。
[PR]
by friand | 2008-12-24 18:40 | 本日の制作

シュトレン

d0003995_19445750.jpg去年から作るようになったシュトレン。
ドイツだし、パサパサしてるし、美味しくないという印象というか偏見があったのだけれど、正しい作り方かどうかはわからないが、ドイツ人、フランス人やドイツとフランスの国境あたりで修行したパティシエのルセットや話を色々総合して出来上がったルセット。
ドイツには大昔、数時間の滞在が2回あるのみ。本場のシュトレンは食べたことがない。
去年出来上がったものをドイツ歴の長い人何人かに食べていただき、ドイツで食べるよりずっと美味しい、と言ってもらったので、ま、これで良いか、と思って作っている。

d0003995_1950844.jpg
シュトレンは焼きたてはイマイチ、と一般に言われているが焼いた翌日、翌々日あたりでもそれほど味がバラバラというわけではない。逆に数日すると塩味が妙に強く感じるようになる時期がある。
その後、10日位で塩味も気にならなくなり、味が全体に非常に一体感が出て美味しくなる。
これらの熟成の速度は保存の温度とも関わりがあるだろうから、一概に何日目が美味しいとは言えないだろうけれど。

今年はドレスデン風にマジパンのバーを焼き込んだ。
シシリー産のアーモンドプードルを使った作った自家製だがこれがまた、美味しい!
薄い一切れにほんの少しふくまれているだけなのだけれど。
この切り口の写っているシュトレンはシーズンの第一作で、少々出来が悪い。
焼きすぎてちょっとぽろぽろしてしまった。
[PR]
by friand | 2008-12-08 20:14 | 本日の制作

艶めかしい饗宴 Fêtes Galantes

d0003995_102194.jpg

つくば市にあるスタインウェイルーム(つくばコミュニケーションプラザ内)でやっているサロン:Carrefours(芸術と芸術家の交差点)シリーズの第2回。

18世紀の画家アントワーヌ・ヴァトーの絵にインスピレーションを受けた19世紀のフランス人の詩人、音楽家たちの作品と絵の展示。d0003995_103761.jpg
ヴァトーにインスピレーションを受けたヴェルレーヌの書いた詩にドビュッシーやフォーレが曲を付けたものが演奏された。解説も楽しく(というか解説がないとわからないかも)、時代という縦のつながりと広い分野にわたる芸術家の交流はまさに“交差点”である。
そして現代に生きる私たちも交差して。


d0003995_103335.jpg音楽は好きだが演奏する側には回れない私が主催側として参加できるのはとても嬉しい。
かなり作り込まれ、内容を吟味したサロン。
d0003995_1042345.jpg
ドビュッシーの「小舟にて」で始まるシテール島への往復の旅という趣向。
お菓子はヴェルサイユのBoudoirをイメージしたプティフール。
メインはドビュッシーと同じ小舟(Bateau バトー)のタルトレット、バトー・フリュイ・ルージュとメープル風味のエクレア。
どちらも一口サイズ。
それにキャラメル・ムー、マロンのマカロン、オレンジコンフィのチョコレートがけ。
d0003995_105153.jpg
楽しいのでついつい作りすぎてしまった。

当日は準備でバタバタして会場での写真を撮り忘れてしまった。
でも落ち着いた素敵な午後でした。


d0003995_1061573.jpg
[PR]
by friand | 2008-12-07 10:38 | サロン/イベント