<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今年も7月28日が来てしまった

d0003995_2332263.jpg
d0003995_23331298.jpg
d0003995_2333412.jpg去年は暑いさなか
桃のタルトを作った。
今年は涼しかったので、いんちきフランス料理まで作ってしまった。
フォアグラのステーキ(冷凍だけど)、舌平目とエビ、ホタテの何チャラ。
インスタントフュメ・ド・ポワソン、白ワイン、クレームドゥーブルを煮詰めたらとってもおフランスはな味になった。
フォアグラは下手に焼くと脂が分離する、とあったが、その通りになった。
結局これはプロが選んだ材料をプロに料理してもらうのが一番、ということか。
でもそんな空恐ろしいことが出来るのは生涯に1度あるかなしかと言っても過言ではない。私は一度既に経験しているので、もうあのとろけるような夢見心地の美味しさを味わうことは無いのだろうか…

ケーキはブラバンターシュニッテンのアレンジ。
シュー生地を薄く焼き、クレームパティシェールとシャンティーを混ぜたものを挟み、上にミルティーユとフランボワーズを飾った。
簡単だけれど目先が変わって悪くなかった。
[PR]
by friand | 2006-07-28 23:29 | 本日の制作

ミルティーユのジュレ

d0003995_15581025.jpg

私の住む地域はブルーベリー(ミルティーユ)作りが盛んである。
近所に何軒もブルーベリー農家があり、ブルーベリー狩りもさせてくれる。
ある友人が季節労働者として早朝、ブルーベリーの摘み取りのアルバイトを始めた。
彼女の摘んだブルーベリーを譲ってもらい(もちろん有料)、ジュレを作ってみた。ジュレはジャムより出来上がりの量は少ないけれどとてもピュアな味に仕上がる。ジャムよりコストがかかるがたまには良いだろう。
せっかくなのでスコーンを焼いて、クロテッドクリーム、フランボワーズ(ラズベリー)のジャムもあったのでおやつにしてみる。
フランボワーズジャムも自家製。原料はフランスだけど。味が濃く香りも豊かで、バケットに無塩の発酵バターをたっぷり付けてこのジャムを塗るとそれは、もうもう、美味。市販の水っぽいペクチンで固めたジャムとは別物です。
ミルティーユのジュレも初めて作ったのだけれど、ペクチンの添加なしでちょうど良い固さに固まった。500gでジャムの瓶に2本くらいとれた。

スコーンを焼くのは何と中学生の時以来。手持ちの資料からルセットを探したのだけれど、とても下手くそに出来ました。
でも美味しかったです。
[PR]
by friand | 2006-07-22 16:07 | 本日の制作

ダイソー、おそるべし

d0003995_20145397.jpg

私の家で持ち寄りのランチ。
もちろん私はデザート担当。
ダイソーで可愛いお魚の形の食器を見つけた。ああ、これで絶対にクレームブリュレを作りたいと思ってしまった。12個にするか、6個にするかさんざん悩んだのだけれど、結局6個に。
アイスクリームは待ちきれず固いまま盛りつけたので形が悪い。バナナとココナツのクレームグラッセ。写真ではわかりにくいけれど2種類。
それと試作品のクラシックショコラ。恥ずかしながら、重いガトーショコラの決定版のルセットが私には有りません。今回も殿堂入りは無理なようです。

他のお料理は、ビッソワーズ、ウィンナーシュニッツェルの茸ソース添え、サラダ、写真に写ってないけど、ラタトゥイユ、ポテトのグラタン、自家製パン(私じゃありません)。



d0003995_20241176.jpg

[PR]
by friand | 2006-07-15 20:25 | 本日の制作

サロンコンサート&カフェ

3月にやろうと言っていたのだけれど諸般の事情でズルズルとのびて7月になってしまった。
美人ピアニストのお宅での小さなコンサート。
今回は今までに弾いた曲の中から人気のあったものを集めたプログラム。
今回で一段落、しばらく休憩して(既にたくさん休憩したのだけれど)立ち消えになるのか、パワーアップして再開するのかは未定。

今回のテーマは「「リクエストの花束」
・主よ、人の望みの喜びよ・・・J.S.バッハ/ヘス
・アラベスク・・・シューマン
・亜麻色の髪の乙女・・・ドビュッシー
・亡き王女のためのパヴァーヌ・・・ラヴェル
・花火・・・ドビュッシー
・ソナタK.545第1楽章・・・モーツァルト

今回はデザートをワンプレートに載せて作る。
ブルーベリーのタルト、ココナツのクレームグラッセ、アングレーズソース、ココナツのチュイール、オレンジとグレープフルーツのマセレ。

d0003995_23391620.jpg

折からの暑さもあってココナツのアイスクリームはとても美味しかった。ピアニストはサンルイのアイスクリーム屋さんでよく食べたわん、と言っていた。ベルチヨンだっけ?
タルトはギリギリまで組み立てが決まらず、最後は夢の中で神様がデザインを教えてくれた。
ちょっと素敵な仕上がりじゃない?
生地はガレットブルトンヌ。カスタードの中にブルーベリーのコンポートも入っている。
ただ、何だか弱い味。もう少したくさんブルーベリーを使うとずいぶんしまった味になったはず。
d0003995_23461431.jpg

[PR]
by friand | 2006-07-06 23:46 | サロン/イベント

ココナツのクレームグラッセ

d0003995_21481061.jpg

写真だけを見るとバニラのアイスクリームとかわりはないが、これはココナツのアイスだ。
ココナツの香りをブラマンジェの時のように牛乳に移し、生クリームを加えて固めたものだ。
クレームグラッセとは卵黄の入ったglaceグラスでもなく、果汁をやリキュールを固めたsorbetソルベでもない。ソルベより冷たくなくマイルドで、グラスほどリッチでない。
ソルベに牛乳や生クリームを加えたものが多い。
このクレームグラッセは何となく作ってみたら大成功。
ココナツ風味のブラマンジェも美味しいんだよ。
[PR]
by friand | 2006-07-01 21:43 | 本日の制作