カテゴリ:本日の制作( 329 )

マカロンとクッキー

d0003995_114034.jpg


デンマーク雑貨の Flying Tigerに初めて行った。
かわいい手頃なのがいっぱいあってついつい余分なものを買ってしまったけせど、中でも気に入ったのは手提げのボックス。紙製と、ブリキ製がある。大きさは大中小あったかな。
ここに焼き菓子を詰めたのをもらったらさぞかし嬉しいだろうなあ、と飛びついてしまった。

中身はショコラとブルーベリーのマカロン、パイ系のクッキー。
包装済みなのでお菓子はあまりよく見えませんが。

お菓子はテーブルに出された時のワっていう気持ちとか、包装を解く時のワクワク感とかがとても大事だと思う。
誰かこんなのくれないかしら。
[PR]
by friand | 2015-06-23 11:03 | 本日の制作

オレンジとグレープフルーツのショートケーキ

d0003995_15371896.jpg


ジメジメした季節には爽やかな酸味が欲しくなる。
ショートケーキの王道はやはりイチゴだとは思うけれどこの季節はオレンジ系もありだ。
材料を用意したらまるでテーブルフラワーのように綺麗だったので思わず写真を。
シロップに漬け込んだオレンジとルビーのグレープフルーツ。

d0003995_15372055.jpg

漬け込んだシロップでアンビバージュして。
マリネしないとオレンジ系は味が水っぽくて酸っぱすぎる。面倒だけれどこの一手間はこの果物においては必須かもしれない。

d0003995_15372414.jpg

[PR]
by friand | 2015-06-18 15:41 | 本日の制作

ミートパイ

d0003995_1812144.jpg


二番種で作ったミートパイ。
このデザインで作ると本当に楽。
ちょこっと残ったものを中に詰めて冷凍しておくと、好きな時に焼きたてを食べることが出来て、幸せ053.gif


d0003995_181258.jpg

[PR]
by friand | 2015-03-13 18:00 | 本日の制作

フロランタン

d0003995_1750786.jpg


口の中で溶けるものをたくさん作った後は、ざっくりとした口当たりのものが美味しい。
フロランタンはけっこうコンスタントに作っているので焼き加減がそこそこ安定していて、安心して作れる。
細心の注意を払わないと納得出来るものが出来ないことに代わりは無いけれど。

やっぱり自作は美味しい。
きっちり乾燥剤を入れて密封しておくと一ヶ月以上全然味が落ちない。

以前、ヘーゼルで作ってガリガリで大変なめにあったのだけれど、もう一度挑戦してみようかと思う。
うまくいったらご報告を006.gif
[PR]
by friand | 2015-03-09 17:55 | 本日の制作

バナナのパウンドケーキ

d0003995_2241550.jpg


バナナのパウンドは数あれど、バナナの味がしっかりして軽く、だが食べ応えのあるこのケイクはなかなかの秀逸だと自負している。
食べてみないとわからないけどね006.gif

そろそろショコラの準備だ。
材料のジャンドゥヤやプラリネ、クベルチュールの味見をする。
ジャンドゥヤ、このまま加工しなくても美味しいなあ。
[PR]
by friand | 2015-01-30 22:03 | 本日の制作

オレンジのコンフィ

d0003995_16155516.jpg


先日いただいた無農薬の国産オレンジ、とても美味しく加工出来たとお伝えしたら、良いのをとった後の残りだけれど、と形の悪いものなども混ぜてもう少しいただいた。

その中で形の良いのを選んで、今度はオレンジスライスのコンフィ(オレンジピール)を作ってみた。
真ん中の実の部分は上手に残すことが出来た。皮は少しかためになった。
でもとりあえず「らしく」出来たので満足。次の機会があればもっとバランスの良いものを作りたいなあ。
[PR]
by friand | 2015-01-23 16:21 | 本日の制作

リンゴのコンンフィチュール入りのミル・フォイユ

d0003995_11263285.jpg


お菓子作りを始めた最初の最初の頃から私はパイが好きだ。
今でもパイ生地は自分で作ることにこだわる、というか、市販の生地を使うことは考えられない。
少々手抜きの生地を作ることはあるにしても材料では絶対に手を抜きたくない。

ちょうどミル・フイユ1本分の生地があった。
既にこの生地はなんちゃってフィユタージュなのだけれど、このところミル・フイユは組み立ても手抜きして、なんちゃって、なんちゃってミル・フイユを作ることが多かった。
今回は、なんちゃってミル・フイユということで、ちょうどあったリンゴのコンフィチュールとクレーム・パチシェールを使って。
かつて本で見かけたリンゴのガルニチュールのミル・フイユを作ったことがある。リンゴのコンフィチュールだけを挟んだものだが、写真はとても美味しそうだった。
でも実際作ってみると、サクサクに焼き上げた生地に煮たリンゴを挟んだアップルパイ、とも言えない中途半端なもの。
マロンもイマイチだったし、ミル・フイユにはカスタード系の味は不可欠という結論に達した。
[PR]
by friand | 2015-01-20 14:27 | 本日の制作

ティラミス

d0003995_11148100.jpg


冷凍庫にビスキュイ・ア・ラ・キュイエールが残っていたのでお正月休みのひととき、デザートを作る。
キュンと冷たくて正月料理とおもちに疲れた舌に新鮮だ。
ガバガバ食べてしまい、さらに一巻き脂肪が巻いてしまった。
[PR]
by friand | 2015-01-16 11:16 | 本日の制作

ミートパイ

d0003995_10533490.jpg


お正月にガレット・デ・ロワを作ろかと思っていたのだけれど、家族の希望でミートパイに。
生地はなんちゃってフィユタージュなんだけれど、私的にはこの生地が完全に市民権を得ている、最近では。
先日、この生地を使ったお菓子をレッスンでつかったら、生徒さんからこんなはなしが。
「ミートパイを作ろうと思ってセンセイのレシピを捜したら、何とこれを習ったのは10年前!   しかもタイトルが《Mme.Uemuraのいんちきパイ》 でしたよ」

長く同じことを続けていると手に入る材料が変わったり、やり方が変わったり、流行が変わったり、世のライフスタイルや食に対する考えが変わったり…時には世の中そのものが変わったり。
そんな中、フィユタージュ生地に対する私の考えも。

d0003995_1056138.jpg


このミートパイ、起源は私の中学生時代にもさかのぼるのだけれど、少しずつ少しずつ変化して今日に至っている。
先日、バターの手に入らなさを嘆いたばかりだが、このことは私にとっては悪いことばかりではなかった。
久々にスーパーで雪印の無塩バターを使わざるを得なくなったのだが、このミートパイが焼き上がったとき、何ともなんとも懐かしい香りがしたのだ!!
それは私が生まれた家で香ったミートパイ。
ああ、あれは雪印バターの香りだったのだ。
ずっと発酵バターにこだわって焼き菓子を作って来たけれど、私の中に深く深く染み込んでいたパイの香りに本当に本当に久しぶりに再会できた。
[PR]
by friand | 2015-01-13 10:53 | 本日の制作

Noël2014

d0003995_18344818.jpg


フリュイルージュを使ってリースをイメージしたデザイン。ありそうでなかったかな、こんなの。
ホワイトチョコレートのムースをベースに。
φ15センチでとてもキュートだ。
レッスンで一人1台お持ち帰り。
[PR]
by friand | 2015-01-09 18:32 | 本日の制作