カテゴリ:サロン/イベント( 15 )

王様ごっこ

d0003995_21254950.jpg

一月中はガレット・デ・ロワで良いのよ、という美人ピアニストの一声で、今回のカフェ&サロンコンサートのテーマは「王様ごっこ」となり、メインのお菓子はGalette des Roisとなった。
それと抹茶のマカロン、この前まで名無しだったフィユタージュを使った焼き菓子をFleurフルールと命名したもの、そしてフロマージュブランのアイスクリームを作った。
フロマージュブランのグラスは適当にアレンジして作ってみたのだけれどあの繊細な味をきっちりとアイスクリームに反映させることが出来てとても満足できた。残念ながら写真には移っていないけれど。

ピアノの方は
ブルグミュラー:25の練習曲より数曲
シャブリエ:ブレー・ファンタスク

子供の発表会でしか聴く機会のないブルグミュラーをとても気持ちよく聴くことが出来た。
客がクジを引いてその番号の曲をその人にプレゼントするという趣向。
私にはもちろん本人の人柄にぴったりの曲「優美」 La gracieuse をプレゼントしてもらった。
[PR]
by friand | 2006-01-31 21:24 | サロン/イベント

ノエルの祈り

ノエルまで、あと1ヶ月。
世間ではイルミネーションとか、年々クリスマス気分への突入が早まっているような気がする。暖冬の影響か、いつまでたっても寒くならないというのに。

と言いつつ、第三回目を迎えたピアノとお菓子の会、もうクリスマスをやっちゃいました。
12月に入るとピアニストもパティシエも多忙となり、よそ様のことをかまっている場合ではなくなるからです。

ケーキはプラリネ風味のビュッシュ・ド・ノエル。
おまけに紅茶風味と黒胡椒風味のパヴェ。生チョコと言った方が通りが良いかな、ちょっと下品な通り名だけれど。
このプラリネ風味のクレームは絶品だった。

今回は紅茶の達人の協力もあり、美味しいお茶をいただくことが出来た。
ウバとアップルティー。プラリネのケーキに合う葉を選んでくれた・
次の機会には美味しいクリスマスティーをご馳走になりたいもの。

d0003995_14334665.jpg




プログラム-ノエルの祈り-
・バッハ/マイラ・ヘス・・・主よ人の望みの喜びよ
・クープラン・・・修道女モニーク
・スカルラッティ・・・25のソナタより1番(ホ長調)
・ドビュッシー・・・喜びの島
・ラヴェル・・・亡き王女のためのパヴァーヌ

ドイツ、フランス、イタリアのバロック3曲と、フランスもの。
クープランの「修道女モニーク」という曲がとても可愛かった。
ピアニストがフランスの女子寮で世話になったシスターもモニークというなだったそうな。
d0003995_14414317.jpg

[PR]
by friand | 2005-11-25 14:42 | サロン/イベント

Le quatorze Juillet  - パリ祭 プログラム

美人ピアニストから当日のプログラムが届きました。

亜麻色の髪の乙女:  ドビュッシー
ジムノペディ・1番: サティ
ジュ・トゥ・ヴ:
めぐり逢い:  ギャニオン
風の道:
花火: ドビュッシー

アンコールがかかったのですが、「花火」で燃え尽きたそうです(笑)
本当に十数人はいると満員なので、小さな企画を出来るだけたくさん提供していきたいと思っています。
次回はノエル、厳かなクリスマスに期待。
[PR]
by friand | 2005-07-10 14:00 | サロン/イベント

Le quatorze Juillet  - パリ祭

d0003995_2057897.jpgd0003995_20575581.jpg
5月17日のエントリーで予告したサロンコンサートをやった。テーマは「パリ祭」。7月7日なんだからそんな異国の革命記念日なんかをやってないで日本にも立派な「七夕様」があるだろうがという批判はごもっとも。
前日オリンピックの誘致でロンドンに負けたパリだけれど、とりあえず美人ピアニストのリクエストどおり、エッフェル塔にマカロンをつるした。
フランボワーズ、モカ、ピスターシュ。
アントルメはチョコレートとフランボワーズのムース。グラッサージュがきれいにかかった。本当はフレッシュのフランボワーズでもう少し飾りたかったのだけれどあいにく手に入らなかった。チョコレートの細工をするにはちょっと季節が厳しかったので、のっぺりのまんま。切り口はこんな感じ。
これにエキゾチックなシャーベットも一口ずつだが味わってもらった。
パッション、ライム、パパイア、パイナップル、ライム、バナナを適当にミックスして、黒こしょう、クローブ、シナモンのスパイスを隠し味にきかせる。
結局パッションが強すぎて他の素材の風味を引き出すことが出来なかった。私の舌は酸味に弱いのでこのソルベはちょっとダメかな、と言いつつ他人に食べさせちゃったけど。
ピアノはドビュッシーの「亜麻色の髪の乙女」に始まり、間にサティーともう一人(誰だったっけ忘れた)はさんで、本物のパリ祭同様「花火」(ドビュッシー)で終わった。
なかなかに心地よいひとときであった。

---
Mac/Safari, Fierfox では写真はちゃんと指定した位置に表示されるのだけれど、IEでは被ってしまう。Windowsではどうなんだろう…
[PR]
by friand | 2005-07-07 21:15 | サロン/イベント

美人ピアニスト

d0003995_16483047.jpgフランスに留学経験のある美人ピアニストと知り合いになった。彼女の家には喫茶店がある。いや、喫茶店を営業しているわけではない。家に喫茶店が付いているのだ。中にはいると思わず「いつものやつね」と言ってなれなれしくテーブルにつきたくなる。ここで小さなサロンコンサートを不定期に開くこととなった。喫茶店ごっこをしながらマダムのピアノを聴くという趣向。私はデザートと焼き菓子、アントルメなどをあまり気合いを入れすぎず作る。と言うはずだったのだが、彼女の演奏がとても素晴らしくて、もっと気合いを入れれば良かったとかなり後悔。
ショパンのエチュードから2曲
シューマンのアラベスク
シューベルトの即興曲から2曲
第2回は7月、パリ祭がテーマだとか。巴里って言えばやっぱりエッフェル塔よ。エッフェル塔にマカロンをつるしましょうよ、とピアニスト。ホントに5年もいたの????
[PR]
by friand | 2005-05-17 18:33 | サロン/イベント