<< かぼちゃのクレーム・ブリュレ タルト・タタン >>

りんご入りフラン風タルト

d0003995_21331521.jpgタルト・タタンを作ったら、もっとりんごの少ないタルトの方が良い、という不埒なことを言うのはムスメだ。
確かにりんごは生の方が良いという子供は多い。

で、リクエストに従って、タタンに使った水分を飛ばしてねっとりと焼き込んだりんごをガルニチュールにして、カスタードをベースにしたアパレイユでタルトを作ってみた。
これが大正解。

特にカスタードの部分が去年フランスに行ったときに食べて美味しくて感動した「ブーランジェ・ド・モンジュ」のフランにそっくりだったのだ。d0003995_221831100.jpgフランはパン屋さんが作ることの多いお菓子で、まあ大味というか、特別美味しいものではないという印象を持っていたのだけれど、これは違っていた。
外側のフィユタージュも質が良かったし、カスタードの部分が何とも暖かみのあるふくよかな味だった。

一口食べてムスメは言った。
「あの時の、アレ、アレ、ユーロスターの中でおやつに食べた…」
そしてさらに言った。
「今度はこれのりんごの入ってない版を作ってよ」
それじゃ、りんごのタルトじゃなくなるだろう。
でも気持ちはわかる。
[PR]
by friand | 2008-10-24 22:23 | 本日の制作
<< かぼちゃのクレーム・ブリュレ タルト・タタン >>