<< ヴァニラのムース サヴァラン風 路地咲きのバラの花 >>

イチジクのタルト

d0003995_20441064.jpg

田舎育ちのわたしにとってイチジクはちっともありがたい果物ではない。
季節になると庭でたくさんなり、摘むと白いお汁はでるは、食べると口の周りはかゆくなるは、熟して開いたものを食べると中からアリは出てくるは、かごに入れて縁側に置いておくとすぐに傷むは。

そんなワケでお店で売られているイチジクをわざわざ買う人の気持ちがちっともわからなかった。
しかし、長い間、美味しいイチジクのタルトを作りたいとは思っていた。だって写真で見ると美味しそうなんだもの。
ものの本にはよく生のまま乗せてタルトに焼き込んだのが載っている。
試したことのあるかたはお気づきだろうが、何だか生臭く、ぱさぱさしてちっとも美味しくない。

d0003995_2051477.jpgd0003995_20514737.jpgそこでコンポートにしてタルトにのせてみたところなかなかいけるものとなった。
オレンジとシナモンで香りをかすかに付けたのは河田勝彦氏の本から。
少しねっとりした感じで焼き上がり、今までで最高のイチジクのタルトとなった。
近所の果物屋さんにお願いして取り寄せていただいた素材も良かったのだと思う。
[PR]
by friand | 2008-09-20 20:56 | 本日の制作
<< ヴァニラのムース サヴァラン風 路地咲きのバラの花 >>