<< 路地咲きのバラの花 本枯れ節 >>

ノワゼットのフロランタン

d0003995_14134094.jpg


冷蔵庫に夏越しさせたくないノワゼットのホールがあったのでフロランタンを作ってみた。
何かの本でノワゼットのスライスを使ったものが載っていたので。
ノワゼットをから焼きして皮をむき、銅鍋の底でガリガリと荒くつぶして使ってみる。
これは昔、フランスで受けた料理のスタージュで教えてもらったコショウのつぶし方の応用。ステック・ポワーブルは挽くよりつぶしたコショウの方が圧倒的に美味しい。

さて、お味の方であるが、アーモンドスライスを使ったフロランタンに比べてキャラメル部分のねっちりと歯にくっつく感が大きい。
これは焼き加減と言うよりはたぶん、ナッツの部分とキャラメルの部分が明確に分かれすぎているせいだろう。
スライスを使用することにはっきりと意味があったのだ。

ちょっと色味と味の変化のためにピスターシュを入れてみたけれど、ほとんど効果は無かった。
[PR]
by friand | 2008-08-30 14:26 | 本日の制作
<< 路地咲きのバラの花 本枯れ節 >>