<< プリマヴェーラ チーズクリームを使ったフルーツ... >>

太陽の一撃

d0003995_1820173.jpg

初めてフランスに行ったときに食べたタルトで忘れがたい味がある。
オレンジのクリームと表面のキャラメリゼ、サブレ生地というとてもシンプルなものだったが、素晴らしいオレンジの香りとほろ苦いキャラメル、サクサクのサブレ生地という絶妙のバランスだった。

その後その店は日本に進出し、私はわざわざ奈良から東京にそのタルトを食べにやってきたが、出てきたものは似て非なるものだった。
その後自分でも何度か挑戦したが記憶の味を再現することは出来なかった。

柑橘系が苦手な私がずっと忘れられないでいるくらいだからよほど印象的だったのだろう。たぶんそのタルト自体の味だけではなく、食べたときの私の気分、気候等々全てがタルトの味に味方したのだろう。

いつか必ずイメージの中にある味を再現したいと思いつつ、久しぶりにオレンジのタルトを作ってみた。
今回は今までで一番近かったように思う。

どこかの本でオレンジクリームをキャラメリゼしたタルトを Tarte coup de soleil(タルト クー ド ソレイユ)という名で見たことがある。
coup de soleil とは「日焼け」とか「日射病」という意味で、brulée(ブリュレ)とほぼ同じ。でも直訳すると「太陽の一撃」。

私は文字通り太陽に一撃されてしまいそうなインパクトのあるオレンジのタルトを作りたい。
[PR]
by friand | 2008-03-08 18:34 | 本日の制作
<< プリマヴェーラ チーズクリームを使ったフルーツ... >>