<< さあ、ピカデリーサーカスへ 北駅からユーロスターでロンドンへ >>

ロンドンの地下鉄

太古の昔、2度ロンドンには来たことがある。
一度は食器が欲しくてポイントを絞っての買い物。
もう一度は夫のおつきあいで博物館のみの訪問。

考えてみれば観光をするの初めてだ。
地下鉄がパリよりやっかいだな、と思ったこと、すぐに列車がキャンセルになり、何てところだ、と思ったことくらいしか印象が残っていない。

英語の国なので「とっさのひとこと」が出てこない。
St.PANCRAS駅からホテルのあるQWEENSWAYまでの行き方を日本で予習しておいた。
予定ではVICTORIA lineでOXFORD CIRCUSまで出てCENTRAL lineに乗り換えてQWEENSWAYまで一本。

さて、地下鉄の駅に着き、VICTORIA lineは、とみると「点検の為26日は運休」とある。

いきなりかよ…

仕方なしに別の路線を探す。
どうもNORTHERN lineでTOTTENHAM COURT ROADに出てCENTRAL lineに乗り換えることが出来るらしい。しかしこのNORTHERN line、途中で二叉になっていたりしてわかりにくいことおびただしい。
フランス語の場合は道行く人に聞いた方が早いのだけれど、英語はそうはいかない。断言するが、自分で調べた方が早い。
何とかTOTTENHAM COURT ROADに出てCENTRAL lineに乗る。やれやれ。

さあ、次はQWEENSWAYだぞ、と下りる準備をしていると 
チューブは停まらない… 通り過ぎていく…
今日は休日でこの駅は通過とのアナウンス。

いきなり2連発かよ…

次の駅で降りて一駅歩いて戻る。
ホテルはわかりやすい場所だったのですぐに見つかり、とりあえず備え付けのポットでお湯を沸かしてミルクティーを飲む。
あー、イギリスの味だ。

いきなりな歓迎してくれたロンドンだが、さらなる不幸が我々を待ち受けていようとは…

(つづく)







[PR]
by friand | 2007-12-26 18:07 | パリ - ロンドン
<< さあ、ピカデリーサーカスへ 北駅からユーロスターでロンドンへ >>