<< ノートルダム寺院のクリスマスイブ マレ地区 >>

パリのタイカレー

今夜はJY一家はクリスマスイブを実家で家族と過ごす。
クリスマスイブは日本と違ってまともなレストランは全て閉まっている。
この日、娘と私はJYのアパートで自炊することになっていた。

まだ日本を発って3日目だけれどかなり濃厚な日々を過ごしたので娘も疲れ気味。
と言うより時差ボケで眠い。
そんなわけで“日本の”カレーライスを作る予定だった。
マレから戻った私たちはちょうど実家に帰る直前の彼らに会った。
「ちょうど今日、会社に行って、いつもランチで食べているタイカレーを買っておいたから、良かったら食べて。私、これ大好きなの」とyohkoさん。

彼らが出かけた後、こわごわ見ると、確かにタイのグリーンカレーとタイ米、何というのだろうか、きしめんののびたようなかなり柔らかいヌードルとニョクマムの良く効いた肉みそのようなもの。
かなり微妙な感じがしたのだけれど彼女の好意でもあるし疲れていたこともあってこれを食べることに。

フランスの電子レンジはいくらかけても温まらない。
結局延びたヌードルは炒めて焼きそば風にしても喉を通らず、“日本の”カレーライスモードになっていた私たちにはタイ米と合わせたどうしても温まらないぬるいグリーンカレーも喉を通らなかった。

と言うわけでこの夜ほとんど何も食べることが出来ない、と言う恐ろしい事態に。
この後ノートルダム寺院のクリスマスミサに行くというのに…

日本にいる私の友人知人はさぞや素敵なクリスマスイブを過ごしていると思っていたことであろう。
[PR]
by friand | 2007-12-24 18:03 | パリ - ロンドン
<< ノートルダム寺院のクリスマスイブ マレ地区 >>