<< もう一軒のパン屋さん ロワシーへの到着 >>

リュ・モンジュのパン屋さん

d0003995_20452546.jpg友人の住むカルチエはムフタールをはじめとしてとにかく食に恵まれた場所だ。
到着した翌日の朝、娘と2歳年上の友人の娘(アンリⅣ高校の2年生)mioの二人が朝からパンの調達に。

「暮らすように過ごすパリの第一日目だよ」と初めてのおつかい。


d0003995_20514685.jpg
リュ・モンジュは美味しいパン屋さん通りでもある。一家のお気に入りの一つが Le boulanger de monge。
朝から並んで買ってきてくれた。
d0003995_216244.jpgそれに牛の模様のついた有塩バターをつけて食べる。
フランスの家庭は日本に比べて照明が暗い。朝は明るくなるのも遅い。
フラッシュをたくと食べ物の写真はほとんどの場合色が飛ぶのでそのまま撮る。露出不足でぶれた写真を山のように撮ってしまった…
[PR]
by friand | 2007-12-23 10:40 | パリ - ロンドン
<< もう一軒のパン屋さん ロワシーへの到着 >>