<< 7月の松茸 マカロンなど… >>

マカロン

d0003995_9545671.jpg数年前からマカロンが人気だ。卵白を使う保存のきくお菓子なので、これがブームになるとお菓子屋さんにとっては大変ありがたい。
子供の頃「マコロン」という名前でナッツのクッキーのような物が詰め合わせの中に入っていたような気がするのだけれど、当時のお菓子屋さんは「マカロン」というのが一体どんな物なのかわかりかねていたのでは無かろうか。
わりと最近まで美味しいマカロンにあたったためしがなく、ずっと敬遠し続けてきた。それでもさすがにこのブーム、美味しいマカロンにも出会う機会があり、色々研究してみた。
マカロンは食べ頃によってずいぶん印象の変わるお菓子だけれど、去年だったか日本橋の高島屋のフォションで買ったのがとても美味しかった。それを食べた娘が「お母さん、やばいよ、負けてるよ」とのたもうた。何かの雑誌でフォションのマカロンが全面リニューアルしたと聞いたので今売られているのは私が食べたのとは違っているかもしれない。少し皮が厚めのメレンゲを敢えて殺していないさっくりとしたマカロンだったように思う。

その後時々私にブームが訪れてマカロンを作る。
うちはガスコンベックなので上下の火を調節できないこと、水蒸気がどうしても庫内に充満すること、などでなかなか納得できる物が出来上がらない。
でも今回のチョコレートのマカロンはなかなかに良かった。メレンゲを無理矢理潰すことはせず、絞り後が少し残るくらいにしたら、少しイメージに近いものが出来た。
出来上がった直後のねっちりが日を追うごとにジューシーな感じに変わっていく。ただしこの時期、どうしても冷蔵庫に入れっぱなしになるので、いつまでたっても固い。中のクリームが気になるけれどあまり暑くない部屋で1日くらい保存した後の方が食べやすい。

d0003995_9543755.jpgこのアイスボックスクッキーのようなのもマカロン。これはマカロン・ダミアン。まるで焼きマジパン。だけどクセになる味。シシリー産を半分混ぜた。
さすが古くからあるレシピ、この暑さの中2週間室温に置いても全く問題なし。それどころか10日目くらいからねっちりとしていた食感が外側さっくり、中はホロリに劇的に変化する。噛むほどに味わいのあるアルカイックな味。(そんなものあるのか?)
[PR]
by friand | 2007-06-21 10:12 | お菓子雑感
<< 7月の松茸 マカロンなど… >>