<< ドボストルテ りんごのタルト >>

バナナのクレームグラッセ

d0003995_15174461.jpgジャリジャリじゃない新鮮なアイスクリームを家庭で作るというのは憧れだけれどなかなか良い道具が手頃な値段では手に入りません。
私は一応コンプレッサー内蔵のプロ仕様のマシンを使っていますがこれは普通では手を出しにくいでしょう。連続して使用することは出来ないけれど蓄冷式のアイスクリーマーが現実的でしょう。デロンギで、ボールの容量は1.1Lだそうだからまずまずの量を作ることが出来そう。ちなみにボール容量の5割のタネを仕込むことが出来ます。
アイスクリームはどうしても卵白が余ってしまうのでストックが冷凍庫に大量にあるときは食べたくても作るのを躊躇してしまします。そういうときに登場するのがクレームグラッセ。卵黄の入らないアイスクリーム。フルーツのピュレと牛乳やクリームを合わせるのが一般的。ソルベよりマイルドでアイスクリームよりあっさりしたものが出来る。


家庭で作るアイスクリームのポイントは水あめやソルビットを上手に使って少しだけ粘度を出し、冷凍庫に保存したときカチカチにならないようにすること。水あめは同量の砂糖より甘味が少なく、ソルビットは甘味が強いと言うことを頭に入れて配合を工夫すると、かなり高いレベルのアイスクリームが出来ます。

知り合いの80才を超えたおじいちゃまがこのデロンギのアイスクリーマーにはまっていて、色んな種類のアイスクリームを毎日作って同居の娘の家族や来客に振る舞っています。研究者肌なので色々工夫して日々精進に怠りないとか。ご家族がうらやましいです。
[PR]
by friand | 2006-10-26 15:42 | 本日の制作
<< ドボストルテ りんごのタルト >>