<< コーヒー風味のムース ミルティーユのジュレ >>

今年も7月28日が来てしまった

d0003995_2332263.jpg
d0003995_23331298.jpg
d0003995_2333412.jpg去年は暑いさなか
桃のタルトを作った。
今年は涼しかったので、いんちきフランス料理まで作ってしまった。
フォアグラのステーキ(冷凍だけど)、舌平目とエビ、ホタテの何チャラ。
インスタントフュメ・ド・ポワソン、白ワイン、クレームドゥーブルを煮詰めたらとってもおフランスはな味になった。
フォアグラは下手に焼くと脂が分離する、とあったが、その通りになった。
結局これはプロが選んだ材料をプロに料理してもらうのが一番、ということか。
でもそんな空恐ろしいことが出来るのは生涯に1度あるかなしかと言っても過言ではない。私は一度既に経験しているので、もうあのとろけるような夢見心地の美味しさを味わうことは無いのだろうか…

ケーキはブラバンターシュニッテンのアレンジ。
シュー生地を薄く焼き、クレームパティシェールとシャンティーを混ぜたものを挟み、上にミルティーユとフランボワーズを飾った。
簡単だけれど目先が変わって悪くなかった。
[PR]
by friand | 2006-07-28 23:29 | 本日の制作
<< コーヒー風味のムース ミルティーユのジュレ >>