<< 2017ショコラ1 2017 ショコラ試作品 >>

2017ショコラ0

d0003995_20540497.jpeg
そうそう、箱の中はこんな感じでした。
とりあえず体力の続く限り一箱10個、10種類にこだわりたいと思っています。
でもデザイン、外の色と中の味のバランス、などなど色々考えていると混乱して、気がつくと訳のわからないことになっていることがしばしばあります。
私のショコラは昔風の大振りで、半分こずつしても十分に味わっていただけるとおもいます。

このところ自分で作るショコラに満足している、というと変なのですが、もうこれで十分、という感じで大変なブームらしいのですが、世間のショコラのことを全然知りません。
ショコラは食べる人の体調や気分にも大きく左右されますし、ショコラ自体の状態による差も大きい。
幸運にしてとても美味しいと思えるショコラに出会えたのは本当に数えるほどしかありません。
その中でとても記憶に残っているのは
・パリで食べたミッシェル・ショーダン 日本で買えば1万円分くらいのぎっしり詰まった詰め合わせを心ゆくまで食べさせてもらいました。友人に。
・パリのお土産のパトリック・ロジェの詰め合わせ。デザインも味も斬新なボンボンと、きっちりショコラの基本を押さえたバランスの良いボンボンの対比がとても衝撃的だった。
・土屋さんのテオブロマ とても品の良い、鮮度の良いガナシュ系のボンボンの詰め合わせを食べた。

こうしてみると思う存分食べることのできたショコラばっかり。
量も必要なのかしら、やっぱり。










[PR]
by friand | 2017-02-11 16:53 | トラヴァイユ デュ ショコラ
<< 2017ショコラ1 2017 ショコラ試作品 >>