<< 順番が逆で今更ですが 2016 ショコラ その他モロモロ >>

2016 ショコラ まとめ

今年は新作を入れることなく、手馴れたものを楽にたくさん作る予定だった。のだけれどクベルチュールのあまりの値上がりに気が動転して、昨年まで使っていたカルマーがヴァローナと同じくらい高くなってしまったので、これなら久しぶりにヴァローナで、と思ったのがすべての始まりだった。
もちろん、すべてを同じブランドで揃えるわけではなく、使い慣れたカカオバリーはたくさん使った。
でもボンボン・オ・ショコラはバランスの食べ物。
思った以上にバランスが崩れ、慌てふためき、うろたえて、ドタバタしてしまった。
それにジャンドゥーヤとホワイトのクベルチュールのに不良品が混じっていたり、でいらぬ神経を使った。

で、全体の出来としては合格点以上であるのは確かだけれど平均点は昨年より低め。でも個別に上がったものもあるので、ま、いっか。
ショコラの詰め合わせは個々のボンボンの味のバランスと全体のラインナップのバランスが大事。
来年はこの辺りしっかりとやりたいなあ、と思う。
とにかくチョコレートという「いきもの」は気難しく、気高く、わがままで、まるでツンデレ女だ。






d0003995_17573073.jpg
[PR]
by friand | 2016-02-13 18:08 | トラヴァイユ デュ ショコラ
<< 順番が逆で今更ですが 2016 ショコラ その他モロモロ >>