<< あけましておめでとうございます ブルーベリーのタルト >>

マカロン・ド・ナンシー

d0003995_15365052.jpg


これは膨らみ損ねたカルメ焼きではありません003.gif
Nancyに行った人に頼んで買ってきたもらったMacaron de Nancy マカロン ド ナンシー。
日本では昨今マカロン・ド・パリジャンばかりが有名ですが、マカロンは古くから修道院などで焼かれていた卵白とアーモンドで作られた保存菓子です。
マカロン・ド・パリジャンはたかだか数十年前に出来たばかりのもの。でも中に挟むものの味の変化や、色の楽しさであっという間にマカロンの代表格となりました。

d0003995_15373324.jpg



カルメ焼きの失敗したような感じのがお菓子屋産にあるはずだから買ってきて、と説明しましたが、本当に「まんま」のものが現れたのにはのけ反ってしまいました。からからに乾いたいかにも日本の田舎のお菓子屋さんで「マコロン」と呼ばれているお菓子にそっくりなもの。これがマカロン・ド・パリジャンが登場する以前「マコロン」と呼ばれていたアーモンドの乾き菓子の原型なのか、と思い至った次第。
マカロン・ド・ナンシーはねっちりとした柔らかいものだと聞いておりましたのでカリカリのマカロンが出てきた時にはびっくりしてしまいました。

買う時にお店の人に「ツーリストか?」と聞かれ、そうだと答えると、じゃ、こちらをと渡されたそうでもう一種類別のがあったそうです。
でそのカリカリの謎はこの説明にありました。
d0003995_15371465.jpg


「柔らかくして食べる〟マカロン デ スール (シスターのマカロン〟」
紙の上に絞り出して焼いていあるものが紙ごとそのまま入っているのです。それをお湯を張った鍋の上に紙の側を下にして蒸気を当てて柔らかくして食べるように、という説明がついています。
ひえ〜〜 ういろうや蒸し羊羹じゃあるまいし、こんな説明のついた舶来ものははじめてのことです。

蒸気に当てる前に割れたカケラを食べてみると、な、な、なんと、とてもとても美味しい!!
スペイン産アーモンドの深い香りが口いっぱいに広がる。見かけからは想像できないコク、香り、甘み。
そして蒸気で湿気させたのを食べると、なんとなんと、卵白のねっちりした感触が戻り、なんとも芳醇なお味。

d0003995_1537325.jpg

ナンシーのシスター、ありがとう、
ごちそうさまでした。
[PR]
by friand | 2015-10-21 16:03 | お菓子雑感
<< あけましておめでとうございます ブルーベリーのタルト >>