<< 明けましておめでとうございます ヤマグリのモンブラン >>

ガレットブルトンヌ

d0003995_17231972.jpg


今年のばかばかしいまでのバター不足。
日本の情けない農業政策の当然の帰結である。
一般の消費者は気付いていなかったと思うが、バター不足はずっと続いていた。
末端の消費者の手元にすら届かなくなったのがこの秋以降、というわけ。
農家が酪農に希望を持てないのだから、そんな政策をとりつづけて来たのだから仕方がない。

今まで買っていた問屋から発酵バターが手に入らなくなって久しい。
今回のバター不足の唯一の収穫は、久しぶりに使った雪印の無塩バターが、結構優れものだと言うのを知ったこと。
このガレットブルトンヌ、雪のバターで作ったのだが、しっかり、じっくり焼くと発酵バター以上の風味が出た。
[PR]
by friand | 2014-12-30 17:22 | 本日の制作
<< 明けましておめでとうございます ヤマグリのモンブラン >>