<< シュトレン ブラックチェリーのタルト >>

フェーブのクリスマス

d0003995_1022449.jpg

カトリックの教会に行くとクリスマスシーズンには大きいのから小さいのまで、いろいろイエスの生誕の物語のフィギュアが飾られている。何と言うのだったけ?
御公現のお菓子、ガレット・デ・ロワ のなかにいれるフェーブのクリスマスシリーズで飾ってみる。
少々大ぶりでお菓子に入れるには向かないが玄関に飾ってみた。
東方三博士とか、大天使ミカエル、マリア、イエスなどはわかるのだけれどその他のものが良くわからない。
変な並べ方になっていると思うけれど、いい雰囲気です。
とはいえ私は仏教徒。普段信仰とは全く縁のない生活をしているし、先日は身の上に変なことばかり起こるので神社に行ってお祓い(といってもパンパンしていつもより多い100円のお賽銭を入れただけ)したばかりだし。
こういう神様仏様観を持つ私にはイスラムやキリスト教が持つ一神教の神はちょっとわかりにくい…
でもカトリックの人達に大切にされて来た例えばクリスマスにまつわるこういう習慣はとても美しいと思う。
[PR]
by friand | 2014-12-06 10:35 | 道具・小物
<< シュトレン ブラックチェリーのタルト >>