<< ほうれん草とベーコンのキッシュ ミル-フイユ >>

ピスターシュのマカロン

d0003995_14193972.jpg

マカロンの生地は色だけで、実際に味や香りがついているものは少ない。
マカロン生地の気難しさと言ったら、生地に何かの要素を加えるととたんに機嫌を損ねてしまう。
ココア、インスタントコーヒー、ちょっと難しくなるけれど抹茶あたりは何とか大丈夫。
それと、ナッツはわりといける。

ピスターシュのプードルを使って生地を焼いてみる。
なかなかにいい感じ。色は少し色素を補った。
ずっとピスターシュのマカロンを焼こうと思っていたのだけれどセンターに挟むものの味、イメージが湧かなかった。ピスターシュのペーストを使うのが一番無難だけれど、トテモトテモお高い。
今回はホワイトチョコをベースにごにょごにょとナイショのものを加えた。
ごにょごにょのおかげで、これがまたスッキリ上品な仕上がりに。ホワイトチョコとマカロン生地、下手すると甘甘になっちゃいますからね。

でもホワイトチョコのガナシュ、カカオ分が少ないので、いい状態を作るの難しいんだよね。
[PR]
by friand | 2014-03-11 14:19 | 本日の制作
<< ほうれん草とベーコンのキッシュ ミル-フイユ >>