<< エシレのバター 金継ぎ >>

吠え王オホーツク

新聞の訃報の記事で、役者すまけい氏の名を見つける。

内田栄一の「吠え王オホーツク」という訳の分からない戯曲の初演に「すまけい」という名前を見つけ、古い演劇雑誌に舞台写真を見つけたのはまだ高校生の頃だったろうか。
いつの間にかこの戯曲はわたしの手元からなくなり、「でたらめバカのくそったれ!」と吠え王が叫び続ける文字のみの記憶となってしまっている。
いつの日かこのすまけいという役者に出会ってみたいものだと長い間思っていた。
 
彼は突然井上ひさしの小松座で復帰し、デレビでも脇役として活動を始めた。
わたしはずっこけそうになった。

それにしても彼が演じる伝説の舞台「吠え王オホーツク」を見てみたかったなと。
 彼が国後島の生まれだと知った今,なおさらのこと。














[PR]
by friand | 2013-12-10 17:15 | 雑記
<< エシレのバター 金継ぎ >>