<< マカロン ババールのバンケット >>

クロカンブーシュのその後

d0003995_112980.jpg


当日私は朗読での出演者でもあったので、直前のお菓子の制作は出来ませんでした。
このピエス・モンテは数日前に作り上げたものでした。ヌガチンの台の上に、からからに乾燥焼きしたシュー生地をキャラメルで組み立て、マジックフラワーの飾りをつけました。

紙粘土のフィギュアはカラメルの台の上にきれいに乗っかりました。
どうやってトップに飾るか、最後まで悩んでいたのですが、案ずるより産むが易し、手元に余ったカラメルがあると、シリコン紙に流して円形の台を作る、と言うアイディアは自然に浮かびました。
何しろ象なのでチョッとおっきい。

さて、公演も終わり、散会となったあと、これ食べたかったなあ、と言う声が。
でも私にとってこのピエスモンテはただのオブジェ。食べると言う発想がありませんでした。
考えてみると事情を知らない人にはどんな味かな、いつ食べるのかな、とさぞもどかしかったことでしょう。
その声が私に届いたときには既に片付けが終わり、ほとんどの人が帰ったあと。
味はどうでもいいから、皆さんの居るときに、こんな感じだよ、とカケラだけでもお味見していただけば良かったと、後悔したのでした。

結局、最後までのこって手伝って下さった小学生のいるご家族に引き取っていただきましたが、どう処分されたんでしょう…008.gif

でもこうやって改めて写真を見ると、ヌガチン、さぼらずにきちんと作って良かったです。
[PR]
by friand | 2013-10-25 11:16 | 本日の制作
<< マカロン ババールのバンケット >>