<< ババールのバンケット マロンのクリームを使ったロールケーキ >>

ガレット・デ・ロワ

d0003995_2112142.jpg


早くアップしないと一月が終わってしまいます。
三年ぶりくらいで作ったガレット・デ・ロワ。
小さめに18センチ。家族だけの集まりにはちょうどいいかなと。

差し上げた方へ添えた文章を以下に。


d0003995_21121198.jpg
フランスでは新年のお菓子と言えば Galette des Rois ガレット・デ・ロワ。
クリスマスとバレンタインに挟まれて日本ではあまり知られてはいませんが、カトリック教国では重要な祝日、Epiphanie エピファニー(公現節)の日に食べるお菓子です。
公現節は、東方の三博士、メルキオール、ギャスパール、バルタザールがイエス・キリストの誕生を祝福し、世界にその誕生を知らせた日ということになっています。
クリスマスが終わってから1月いっぱいくらいはこのお菓子がよく登場します。
本来は1月6日ですが、現在フランスでは1月の最初の日曜日をエピファニーの祝日としています。
地方によりブリオシュ生地のガレットもありますが、パイ生地にアーモンドのクリームを入れたのもが一般的です。

d0003995_2112524.jpgガレット・デ・ロワの中にはフェーブと呼ばれる陶製のミニチュアが一つ入っています。このフェーブを当てた人がその日一日、王様(もしくは女王様)となり、皆の祝福を受けます。フランスのジスカールデスタン大統領の時、閣僚の新年会で、フィーブが当たったひとがその日一日大統領になる、と提案し、当たった誰かはそれを飲み込んだのか、フェーブが出て来なかったと言う
逸話が残っています。
新年会に「王様ごっこ」をするとカトリック教徒でなくともとても盛り上がって楽しいものです。


d0003995_21121545.jpg
フェーブはフランス語で「ソラマメ」という意味です。昔、ガレットに乾燥したそら豆を入れていたことから、それが陶製のお人形に変った後もフェーブと呼ばれています。
かつてはキリスト教モチーフのシンプルな素焼きのフェーブが主流でしたが、近年、可愛いミニチュアがたくさんあるので最近では日本でもフェーブのコレクターが増えてきています。
[PR]
by friand | 2013-01-25 09:59 | 本日の制作
<< ババールのバンケット マロンのクリームを使ったロールケーキ >>