<< マロンのクリームを使ったロールケーキ すやの栗きんとんは… >>

低温熟成和栗のモンブラン

d0003995_1663100.jpg


というわけで低温熟成(0度で一ヶ月くらい熟成させるらしい)で糖度の増した栗を使ってパト・ド・マロン、つまりマロンペーストを作ってみた。
砂糖の量がいまいちわからなくて、クレーム・ド・マロンにする時、甘みを調節するのに少々苦労したけれど、デリシャス010.gifでした。
最近、私のモンブラン、いつもこのデザインなんだけれど、仕上げが楽で、気に入っている。
中はサクサクのクッキー生地をざっくりと分厚く、焼くときに防水の溶き卵、クレームシャンティー、自家製マロンのシロップ煮。断面の写真を撮る余裕もなく食べてしまった。

d0003995_16671.jpg


元祖モンブラン(アンジェリーナのとか)は中にムラングを入れるけれど、この命の短いお菓子はお菓子屋さんに任せて、自宅用には数日は美味しい状態を保ちたいもの。
その点でもこれは優秀。
台や中のクリーム外のクリーム、ガルニチュールは結構その時の手持ちの材料、気分で適当に作ることが最近おおい、モンブランに限らず。023.gif

来シーズン、普通の栗を買って、自分ちの冷蔵庫のチルド室で低温熟成の実験をしてみようかな。
[PR]
by friand | 2013-01-18 16:16 | 本日の制作
<< マロンのクリームを使ったロールケーキ すやの栗きんとんは… >>