<< 低温熟成和栗のモンブラン 難しくて装丁のきれいな本 >>

すやの栗きんとんは…

毎年、クリスマスの頃に人徳でいただいている016.gif栗きんとんが届く。
はずだったのが今年は来ない。年が明けても来ない。
ついに人徳は期限切れとなったか、と思った頃、連絡が入った。
今年は「すや」の栗きんとん、品薄で手配できなかったとのこと。
替わりに栗蒸し羊羹を手配しました、とのこと。

それから待つこと一週間



来ました。


大きな栗の入った羊羹。



d0003995_2025845.jpg


この羊羹のすごいところはどこを切っても切り口に大きな栗があること。
栗と餡の部分の固さがほぼ同じであること。
栗と餡の甘さがほぼ同じであること。
甘さ控えめの栗蒸し羊羹、とても素朴で上品。

d0003995_20252167.jpg



ところで去年はすやの栗きんとんに出会うことは出来なかったものの、低温熟成した美味しい栗には恵まれた。
栗は低温で保存するとでんぷんが糖化して甘みが増すそうだ。
その熟成させた栗をいただいたり、近所の直売所で手に入れたりすることが出来た。
これらの栗は普通にゆでたり蒸したりしてたべると、びっくりするくらいに甘い。香りも良い。
これをすや風の栗きんとんにして見たら、何ともなんとも美味しいものになった。
普通の栗で何とかすや風に作ろうといろいろ試したけれど、結局栗自体に大きな違いがあったようで、蒸してくり抜いた栗とほんの少しのお砂糖でかなりレベルの高い栗きんとんが出来た。
これを友人にお裾分けしたら、すやに勝るとも劣らない、と言ってもらえた。お世辞半分としても、かなりのレベルになったことは確か。

その栗を使っ手作った自家製マロンペースト、そのペーストで作ったモンブランなども最高でありました019.gif
[PR]
by friand | 2013-01-16 20:44 | お菓子雑感
<< 低温熟成和栗のモンブラン 難しくて装丁のきれいな本 >>