<< ケイク・サレ 子猫たちは入院中 >>

あらら、お腹が…

d0003995_20352783.jpg


前回のエントリーの後ろ姿の仔猫ちゃん、今はこのように。
お腹が可愛いピンクになってしまいました。

病院から連れて帰ると、猫たちはブラッシングしてもらったのか、毛がツヤッツヤのサラッサラ。おまけにとてもいいニオイ。
でもそれを迎えた母猫は、こんなのよその子だろうとばかりにシャーシャー威嚇するばかりか、うなってついには襲いかかって攻撃する。
子離れで元々こういう傾向があった上に、「よそのニオイ」で帰ってきたら、と危惧していなかったわけではない。それにしても激しすぎる。
ひえ〜〜、とにかく子供たちを隔離して、母猫の機嫌も取る。こういう場合、古参の猫が家出するケースも稀ではないので、全くの異物と認識してしまったのなら、とにかくほとぼりを冷まして、それなりに折り合いをつけてくるのを待つしかない。
チビたちもまだちょっと元気がないし、どうしたものだろう。

で、退院した翌朝、餌をやろうとすると母猫はまたしても威嚇して襲いかかり、こんな奴らと一緒に飯は喰えん、とばかりに出て行く。母だけ別にして餌をやり、その日は夜まで彼女は帰って来なかった。夜、いそうな場所を探して捕獲、家の中に入れる。
疲れた…

今日は少しましで、チビたちもずいぶん元気。お天気がいいので外に出したら、獣医さんちのいいニオイは太陽のもと消え,日向臭さと猫臭さに。
今日は母猫、少しはましで、威嚇はするが軽く攻撃する程度で、同じ部屋で食事もし、過ごすことも出来た。

あ~あ、あんなに仲が良くて、献身的に育ててたんだけどなあ。
まあ、これは仕方のないこととはいえ、「何で??」というチビたちの戸惑い、を見るにつけ、不憫だなあ。
でも完全に自然界に放てば、チビたちも恋の季節、親子どころじゃないんだけどね。

さあ、煮干しをもって、これから母猫の捕獲だ。
[PR]
by friand | 2013-01-11 20:56 | 雑記
<< ケイク・サレ 子猫たちは入院中 >>