<< 激辛の柿の種 クリストフル >>

New York cheese cake

9月になりました。
依然として暑いですが、ピーク時の暑さとは 違ってしのぎやすいです。
リハビリをかねて昨日シュー・ア・ラ・クレームとニューヨークチーズケーキを作りました。
ニューヨークチーズケーキについては以前のエントリで書いたことがありますが、これを食した人たちから絶品との評価をかなりいただいています(自慢!)。
本編のフランス菓子のサイトに載せるのにも抵抗があることですし、こちらでルセットを紹介しようと思います。作り方は単純、そのわりに見栄えも良いし、何より美味しい。


New York cheese cake

グラハムクラッカー 100g
無塩バター 50g

クリームチーズ 250g
グラニュ糖   100g
卵 2個
バニラ棒  1/2本
生クリーム  200ml
レモン汁 20cc
コンスターチ 大さじ2

サワークリーム 180g
グラニュ糖  40g


1)グラハムクラッカーを細かく砕き、溶かしバターと混ぜ型の底にきっちりと敷き込む。
2)クリームチーズを電子レンジで柔らかくし、ボールでクリーム状に混ぜる。
3)バニラビーンズの粉の部分をチーズに混ぜる。砂糖を混ぜる。
4)卵、クリーム、レモン汁、コーンスターチの順に混ぜる。
5)こし器でこして、型に流し、140〜150℃の中低温で約50分、焼く。
6)あら熱が取れたら周りの少し盛り上がったところを軽く押さえて平らにする。
7)サワークリームにグラニュ糖を混ぜ、沸騰するまで温めて柔らかいクリーム状にする。
8)焼き上がったケーキの上に流し、200℃のオーブンで、2,3分、火を通す。冷やし固める。

*) φ18㎝のセルクルを使用。
*) クリームチーズはフィラデルフィア、サワークリームは中沢を使用のこと(必須)

クリームチーズの層とサワークリームの層が舌にも目にも美味しいです。
材料を計っているだけで背中に脂がついたような気分になりますが(笑)

翌日以降に食する。2日目から5日目くらいが食べ頃。
[PR]
by friand | 2005-09-01 16:12 | 本日の制作
<< 激辛の柿の種 クリストフル >>