<< タルト・フレーズ 家禽の図鑑 >>

法輪寺

d0003995_21253652.jpg

斑鳩から西ノ京にかけて法隆寺や唐招提寺、薬師寺は有名だが、法起寺法輪寺となるとわざわざ訪れる人は少ない。もう少し、西ノ京よりの慈光院は上がってお茶やお菓子をいただけるので寄る人もいるだろうけれど。

車で通るといつも塔が見えるがわざわざ立ち寄ろうという気にならない法輪寺。
先日亡くなった義母がこよなく愛した寺である。今回初めて訪れた。
義母はこの法輪寺がある三井の出身で今も生家は健在。
毎年帰る度に法輪寺の節分の「星祭り」お札を持たされ、「…?」だったのだが、義母の生家から目と鼻の先、庭の一部のようなものだ。現在義母の姪の一人(といっても70歳を超えている)が法輪寺のお手伝いをしている。
たまたまたち寄った日にはその人がおり、長老に紹介された。そのとき初めて尼寺だったことを知る。
長老が、カツさんのご家族なら、ぜひにと茶室に通してくださる。
そして義母との話を通して、母の生家との関わりの深さを知る。

長老の淹れてくれる美味しいお茶と、寺の御紋入りのお菓子に荒天の中、冷えきったからだが暖まる。
小さい頃、法隆寺の宗務所でよくいただいたお茶とお菓子を思い出す。
当時祖父は法隆寺の宗務所で事務を執っていたのだ。
ピアノの帰りに祖父に会いに寄っては上がり込んでお茶とお菓子をいただいていたのだ。
今思えばよくもまあ、あんな子供にちゃんと上等のお茶を出してくれたものだ。若い僧が運んできてくれたのを覚えている。
長老にその話をすると、まあまあ、それでは忠治先生のお孫さんでいらっしゃりますか、まあ、なんと言うご縁でございましょう、私自身は直接は存じ上げませんが、父や母からよく忠治先生のお話をお聞きしておりました。
私は幼稚園の頃法隆寺の塔頭におられる先生にピアノを習っていた。
先生のお父上は法隆寺の宝物保護のために東大から来ておられた方。
都会の香りのするお母さん、ピアノの上手なお姉さん先生、レース鳩を飼っているお兄さん。
お父上の竹島卓一先生は昭和19年に雷で焼失して、国宝の指定を外された法輪寺の三重塔、再建時に設計をされたそうだ。

薄暗い茶室でお茶をいただきながら、久しぶりに奈良の子に戻れた気がした。
[PR]
by friand | 2012-03-30 21:39 | 雑記
<< タルト・フレーズ 家禽の図鑑 >>