<< 法輪寺 即席ミル・フイユ >>

家禽の図鑑



前にも書いたように、つくば近辺の公園の池や沼には野良家禽がたくさん住んでいる。
ペットの図鑑はたくさんあるけれど、家禽の一般向けの図鑑は非常に少ない。今までうちにあったのはずいぶん古い、図書館の廃棄本。
で、こういうのが好きなのがうちにいてやっと見つけて、買ってきた。それが日本の家畜・家禽 (フィールドベスト図鑑 特別版)
ニワトリの世界がいかに深いかが良くわかった。
生体の写真や剥製、丸焼きや鍋などが一緒に載っているのが何と言っても面白い 011.gif
もう一つ興味深かったのは、著者の一人が秋篠宮文仁氏であったこと。
結婚当初、ナマズの殿下として有名だったが、今は野鶏が専門らしい。
大昔、ロンドンの大英博物館のナチュラルヒストリーの前で見かけたことがあった。


私事でしばらく取り込んで、更新が途絶えるかもしれません。
でも、チョコレートで燃え尽きたのではありませんのでご心配なく。
[PR]
by friand | 2012-03-17 16:48 | 雑記
<< 法輪寺 即席ミル・フイユ >>