<< 私が子供だったころ その3 Mille-feuille ミ... >>

私が子供だった頃 その2

d0003995_7444880.jpg


このちょっとクラシックな雰囲気のボンボン・オ・ショコラ。
これも20代の頃のもの。
ヌガチンでケースの土台を作り、クベルチュールでコーティング。
ちょっと塗り方がコテコテ008.gif
ショコラのリボンやマジックフラワーで飾る。
基本は現在とちっとも変わっていないけれど、ラインナップに時代を感じる。
スイス、コバ製菓学校の流れがそのままこのボンボン・オ・ショコラにはある。


この頃、作ることが面白くて面白くて…
それに今のようにボンボン・オ・ショコラが注目されるずっと前だったので、食してくれた人の感動が本当に嬉しかった。わたしがショコラを作り始めた頃はフランスのショコラは箸にも棒にもかからない、と言われていた。
がさつで、味が濃くて。でも繊細な神経を持つフランス人のパティシエがベルギーやスイスのショコラを取り入れてフランスのスタイルを作り上げていったのが今の主流のショコラの源流といえるのかかなあ。


でもショコラの仕事は本当に面白い。
今年のショコラ、1000個くらいは作ることになりそう。
ジャンドゥヤ系からぼちぼちと準備中。
[PR]
by friand | 2012-01-31 10:42 | お菓子雑感
<< 私が子供だったころ その3 Mille-feuille ミ... >>