<< 結局クリスマスは 一年以上ぶりになります >>

黒豆

二年連続で大掃除ができなかった。さすがに家は荒れ果てた。
今年はクリスマスケーキの注文も受けなかったので本当に久しぶりに年末らしい年末を迎えつつある。
おせち料理もまじめに作ったのは結婚して2、3年だけ。家族が全く喜ばないことを知り、イベントとしてのお節料理作りは封印されたままだった。
昨年、屠蘇器や重箱が我が家にやってきたこともあり、体調はヨレヨレではあったけれど、まねごとだけしてみた。
「違い」がわかるようになっていたムスメがことのほか喜んだ。
今年も本格的、とまでは行かないまでも、いくつかセレクトして作って、重箱をつめてみようかと。

丹波の黒豆を生協で注文し、翌週届かなかったので、注文した「つもり」だけだったかと思ってスーパーで買ったら、その翌週に生協のが届いた。
友人に、いらないかと問い合わせたら、出来上がったものが欲しいという(笑)
作ってあげようじゃないか、母直伝、実は土井義晴さんの父土井勝さん直伝、母絶賛の黒豆! 
義晴さんも父直伝のレシピのままテレビで教えていた。
いま、火にかけて4時間目。後4時間。

友人は黒豆の代わりに、生協で注文したのを忘れてだぶって買ってしまったお正月の飾りをくれるという。
[PR]
by friand | 2011-12-26 16:18 | 料理
<< 結局クリスマスは 一年以上ぶりになります >>