<< Noritakeの食器 桃のタルト >>

私のルセットの源流

お菓子を教えていて結構な年月が経つのだけれど、これがy…さんのお菓子だ、といえるものってあるのだろうか、と思う。
確かに私は色んなお菓子を作ってきた。得意な分野もあればそうでないものもある。で、私の作るお菓子をかなりの数食べてきた人はある種の傾向があることに気づいていると思う。
例えば私のお菓子作りの底流には「エコール・ルノートル」のルセットがある。比べるのはちょっと畏れ多いがピエール・エルメも同じだ。私はよくエルメの配合を参考にするが、それは多分お菓子に関して最も多感な時期に「ルノートル」のルセット、味に接したという共通点があるからだと思う。接した時期もそう大きくかけ離れていない。だからエルメのルセットを見ると彼が何を言いたいのかとてもよくわかる。
そう言う根っこを持ちつつ、自分の好みに合うもの、自分の環境で作りやすいお菓子のルセットを作っていき、家庭で作りやすそうなものを教えるわけだ。
配合はそう特別なものではない。
ただ、私が実際に試作し、試食したものと同じ配合、同じ材料で作る。つまり、私というフィルターを通してルセットを提供しているわけだ。
それは必ずしも私のオリジナルのルセットというわけではない。ただ一番多感な時期に影響を受けた味、と言うよりはお菓子の組み立て方、の上に今の私のお菓子作りがあることは紛れもない事実だと思う。
[PR]
by friand | 2005-08-06 16:04 | お菓子雑感
<< Noritakeの食器 桃のタルト >>