<< マロンのケーキフォレ・ノワール風 今年も >>

自家製マロンのペースト 今年も

d0003995_7433443.jpg
この数年、恒例になっている自家製マロンペースト作り。
栗の正味量に対して50%の砂糖を加えていたのだけれど、生クリームやバターを加えると弱くなるので、10〜15%ふやそうかな、と思いつつ例年通り作ってしまった。
今年は練るときに全て鍋でやらずに電子レンジで限界まで温めてから最後に鍋で余分な水分を飛ばしたので比較的楽に作れた。
とにかく季節がやってきたら作って冷凍。
ゆっくりと使い道は考える。これを使ってビュッシュ・ド・ノエルもいいかなあ。
d0003995_7425462.jpg

栗の保存というと渋皮煮を作る人が多い。
限界までアクを抜き、甘く煮含める。
冷凍しておけばお正月まで保つしそれ以上加工しなくても良いし。
でも私の中にある「くり」のイメージではないので時間をかけて作る気が起こらない。いただいたらちろん嬉しいもけど。
やっぱり私は口の奥から鼻に抜けるあの栗の香りとほくほく感が好きなのだ。
その点では何と言っても前回のエントリーで紹介した栗きんとん。
すやが一番お勧めだけれど、このタイプのナチュラルなきんとんはどこのを食べてもそれなりに良いと思う。
[PR]
by friand | 2010-10-18 07:59 | 本日の制作
<< マロンのケーキフォレ・ノワール風 今年も >>