<< 試作品 ベルエポックの詩神たち >>

二十年ぶりに

d0003995_19242033.jpg
d0003995_19251555.jpg

二十年ぶりに自分のおひな様を出した。
ずっと押し入れに入っていたままだったのでどういう状態かとても心配だったが、出してみると傷みもなく、何一つ欠けることなくきれいな状態で現れた。

子供の頃の早春の宵、ぼんぼりをともして、ただ何をするでもなくこのおひな様の前に座っているのが好きだった。
少し湿った空気と土のにおいが古い木造家屋のにおいと混じってしっとりと身体にまとわりついた。
薄暗い座敷の照明。
邪気のない静けさ。
夜中にこっそり宴を繰り広げるのだろうか。



d0003995_19333929.jpgd0003995_19341462.jpg
d0003995_19344659.jpg
d0003995_1936618.jpgd0003995_19361829.jpg
d0003995_19362756.jpg
d0003995_19363815.jpgd0003995_19364776.jpg

d0003995_21294186.jpg

[PR]
by friand | 2010-03-09 21:26 | 雑記
<< 試作品 ベルエポックの詩神たち >>