<< 二十年ぶりに ヘーゼルナッツのチョコレートがけ >>

ベルエポックの詩神たち

d0003995_18214933.jpgベルエポックの詩神たち
〜詩人と音楽家・エスプリの交流〜
マラルメ・ルイス・レニエの詩から生まれた音楽

コンサートを聴きに行った。
井の頭線永福町駅から歩いて8分、
ソノリウムという100人収容の小さなホール。
スタインウェイのフルコンがあり、客席もとても良い感じで二階席もあり、照明もおしゃれ。
天井はもちろん高くて音響も、たぶん楽器や演奏家を選ぶだろうけれどとても良い。

冷たい雨の夕方、フランスの香りたっぷりの演奏会だった。
出演者が二期会フランス歌曲研究会のメンバーらしく、フランスに特化させた時間と空間を見事に作り出していた。

ラ・フォル・ジュルネが盛況だったり、こういう狭く深い世界を表現できたり、それにふさわしいホールがあったり、やっぱり東京ってすごいな、とすっかりつくばの人になった(その前は奈良の人だったし)私は思ったのだった。
[PR]
by friand | 2010-03-08 18:33 | 雑記
<< 二十年ぶりに ヘーゼルナッツのチョコレートがけ >>