<< 宝くじ 今年もすやの栗きんとん >>

余りもので

d0003995_11224681.jpg

ガレット・デ・ロワを作った残りのフィユタージュの二番種でいちごのタルトを制作。
直径15センチのかわいいタルト。
クレーム・パティシェールといちご。パイ生地とカスタード、そしていちごは黄金の組み合わせだ。
近所のスーパーで買った小粒のいちご(とちおとめ)だけれど今期最高の美味しさ。

こういう出来たてのタルトは作る人にしか味わえない贅沢。
だからお菓子作りは止められない。d0003995_1132628.jpg

そしてさらに残った生地にパルメザンチーズと黒コショウを振りかけてスティックにした。
たまたま使ったパルメザンが良かったのか、これがまた何とも何とも美味しくて。
たぶん手持ちのパルメザンが安く手に入った大きなパッケージのものだったのふんだんに使えたことも理由かも。

それにしてもタルトいい、パルメザンのアリュメットといい、これだけをわざわざ作るととても大変だけれど、余り生地で作れてしまうのは“作り続けて”いる人ならではの幸せだ。
[PR]
by friand | 2010-01-22 11:33 | 本日の制作
<< 宝くじ 今年もすやの栗きんとん >>