<< ノルマンディーのサブレ アップルパイ >>

エシレのバター

d0003995_20541063.jpg


世界で初めてのエシレの専門店が丸の内ブリックスクエアに出来た。
9月にオープンしたばかりだというのにすでに私が行ったというのは普段腰の重い私としては電光石火の早業である。もちろんお誘いしてくれた人があってのこと。
10/13~15に開かれたジャパン・ケーキショーの帰りのこと。

エシレ・メゾン・デュ・ブールである。知ってる人は知ってる高級フランスバターだ。
大間産の本マグロや松阪牛を食べたことのない日本人がたくさんいるのと同様、エシレのバターを食べたことのないフランス人も普通にたくさんいるらしい。当たり前のことだけれど。
そんなバターを使った315円のフィナンシエとマドレーヌを食べた。
フィナンシエはアーモンドプードルも香りのよいのを使ってあったので、バターの特徴がスペイン産(たぶん)のアーモンドの香りに隠れて、普通に美味しかっただけだった。
マドレーヌはブールノワゼットにして使ってあったが、国産バターではどう頑張ってもこれほどまでにバターの香りは出まい、と言うくらいにバターの風味が出ていた。
これを食べる限り、朝には売り切れてしまう限定生産のクロワッサンはさぞや美味しいことだろうと思う。
あとはコストパフォーマンスをどう考えるか、ということだけ。

お土産に買って帰った30g 399円のバターは発酵バターとしてとても上品でおいしかった。それよりリモージュ焼きのバター壺、2800円也なのだけれど煉瓦色、グリーン、ブルーがどれも胸がきゅんきゅん鳴るほど私好みだった。まあ、品切れでなくとも買わなかった可能性が高いけれど。
話の種には一番小さいので良いけれどお取り寄せは輸入元の片岡物産からも出来るらしい。
私はカルピス発酵バターでも十分高いと思っているのでお味見だけで十分かなあ。
お菓子作りの普段使いのバターは明治の発酵バター
[PR]
by friand | 2009-10-30 21:03 | お菓子雑感
<< ノルマンディーのサブレ アップルパイ >>