<< お茶会 タルト・オ・フィグ >>

カリスマ農園の栗

d0003995_12212086.jpg

茨城県は栗の産地である。
8月の終わり頃からスーパーや果物店、直売所などで艶やかで美味しそうな栗が所狭しと並ぶ。
特に直売所にはさまざまな品種、等級、値段のものがたくさん並ぶ。値段も非常に手頃。私は栗のペーストを作ったり栗きんとんを作ったりする。
d0003995_1222925.jpg栗により、品種により味が違うことは重々承知だったが、栗自体にかくも味の違いがあるのかと思い知らされる栗と出会った。
見るからに大きくて新鮮そうで美味しそうなこの栗。これは知る人ぞ知る茨城県のかすみがうら市にある四万騎農園の栗だ。この農園の噂は以前から聞いていたし、栗ジャムなどはいただいて食べたことはあるのだが今回初めて生の栗を食した。美味しいと言っても所詮栗、実際食べてみるまではそう思っていたのだけれど大間違い。蒸し上げてナイフで二つに切ってスプーンですくって食べてみて驚いた。何という甘みと香り。
時期によって出荷する品種は違うそうだが私が食べたのは「石鎚」というものだった。まあ、お値段も高級スーパーにでているものの4~5倍、私が良く買う近所の直売所の8~9倍という半端ないものではあるけれど。d0003995_12224453.jpgそして残った栗で栗きんとんを作った。
私が栗きんとんを作るときはいつもすやの栗きんとんをめざすのだが、今回は本当にすやの栗きんとんを彷彿とさせるものが出来あがった。
いつもはどうしても香り足りず水っぽい感じがするのだけれど今回は全く違っていたのだ。
今までは加工品でしか知らなかった四万騎農園の実力に打ちのめされた思いだった。
[PR]
by friand | 2009-10-22 12:46 | お菓子雑感
<< お茶会 タルト・オ・フィグ >>